ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  英語学習  »  和製英語は役に立つ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和製英語は役に立つ

和製英語は英語学習の敵である―たぶん、そう考えるのが一般的だろう。しかし、これだけ巷にカタカナ語があふれるようになってしまった昨今、どうせなら少しでも前向きにとらえたほうがいいのではないかと前から思ってきた。心ある学習者なら、ただ嘆くだけでなく、正しい英語は何なのかを確かめるはず、という考えもある。

ずいぶん前のことになるが、日本人が英語を身につけられない理由として、和製英語やカタカナ語の氾濫をあげている文章を何かで読んだ。確か、カタカナ語はすべて英語として正しいものにし、表記も原音に忠実にせよ、というような主張だった。

筆者がどのような人だったか忘れたが、あたかもカタカナ語はすべて英語から来ているかのように書いてあり、また「原音に忠実な表記」とは果たしてどういうものなのかにも触れておらず、私には底の浅さが感じられたが、カタカナ語や和製英語が気になるということは伝わってきた。

自分では使わないようにしていても、一国の指導者である安倍総理もカタカナを濫発するあのありさま、日本で普通に生活していれば、否応なくカタカナ語・和製英語が耳に飛び込んでくる。

外来語の流入は現代に限ったことではないし、大昔から、日本語は外国の言葉を旺盛に取り入れて来た。それが日本語の特質なのか、日本人の性格なのか、私にはわからない。また、日本語をダメにするものなのか、それとも豊かにするものなのかも、議論はわかれるところだろう。

いずれにせよ、「和製英語が多いから」「日本語での表記が原音に忠実ではないから」英語が身につかない、というのは、「学校の教え方が悪い」「受験が悪い」「外国人教師がいない」…といった考えと同類に思える。つまり、自分を棚に上げて外敵のせいにする、他力本願の考えである。

まあ、そこまで突っ張らなくてもいいだろうが、少なくとも見方を変えて、前向きにとらえてはどうだろう。あやしいカタカナ語を耳にしたら、あるいは不覚にも自分でも言ってしまったら、「また英語力を高める機会だ」と考えて、英語で正しくはどういえばいいのか、調べてみるのである。

そのほうが精神衛生上よろしいし、何よりも、気になった言葉を調べてみる、そうしたことの繰り返しが外国語の学習だろう。だとすれば、それはカタカナ語についても同じはずだ。

そんな風に思っていたところ、自分の考えと同じように、和製英語を避けるのではなく、むしろ英語の学習に結びつけようという視点で書かれた本を見つけた。内容的には、これまで出ている類書と似たようなものだが、視点の置きどころをちょっと変えると新味が出る好例といえそうだ。

「類書」と書いたが、和製英語やカタカナ語を正しくはどういうのかを教えてくれる学習書は実にありがたいものだ。しかし、本によっては、昔私が読んだ文章のように「こんなカタカナ語を英語と思っているから日本人はダメなんだ」(日本人が著者の場合)、あるいは、「和製英語を使ってる日本人、ネイティブスピーカーから笑われてますよ」(ネイティブの著者)といったトーンがにじみ出ている(あるいは、あからさまに書いてある)のが、どうも気になる。それが事実だ、お前の受け取り方がおかしいだけだ、と一蹴されたら、返す言葉はないが。

その点、この本の著者の記述にはあたたかさが感じられ、好感が持てる。私のような気弱な学習者でも、読んでいて心地よい。

ところで、私だったら「和製英語役に立つ」と言ってしまうが、この本は「和製英語」となっている。なるほど、こちらの方がより説得力があるようにも感じられ、ずっと読者を獲得できる題名だろう。助詞ひとつの違いだが、面白いものだ。


和製英語が役に立つ (文春新書)和製英語が役に立つ (文春新書)
(2004/06/22)
河口 鴻三

商品詳細を見る


関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。