ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  by the book 「教科書通りの」「定石に従った」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

by the book 「教科書通りの」「定石に従った」

このところ何回か、TVドラマ「刑事コロンボ」のエピソード「構想の死角」 Columbo: Murder By the Book から拾った表現を書いてきたが、今回はタイトルにある by the book というイディオムを取り上げたい。

「規則通りの、規則に従った」、また「正確な」「定石どおりに」、さらには「型にはまった、杓子定規の」という訳語が辞書に載っている。

私がこの表現を知ったのは、「構想の死角」ではなく、SF映画「スタートレック・カーンの逆襲」 Star Trek: The Wrath of Khan で、この by the book が印象的に使われていたからである。

http://www.imsdb.com/scripts/Star-Trek-II-The-Wrath-of-Khan.html
で読めるシナリオを参考に、その部分を抜き書きしてみよう。

このイディオムが最初に出てくるのは、敵の攻撃によって宇宙船が受けた被害について、登場人物が交信しているシーンである。

Kirk: Damage report, Spock.
Spock: Admiral, if we go by the book, like Lieutenant Saavik, hours could seem like days. (中略) The situation is grave, Admiral. We won't have main power for six days. Auxiliary power has temporarily failed. Restoration may be possible, in two days. By the book, Admiral.

最後に "By the book." と念を押しているが、実は攻撃を仕掛けた敵もこの通信を聞いていることを前提に、被害状況を実際よりも深刻に伝えていたことが後のシーンで明かされる。つまり、「事実ではない」ことを以心伝心で伝えるために、by the book を強調して使っていたのである。

次は、その伏線が明かされるこのシーン。宇宙船が応急の修理をして再び戦闘態勢に入った時、部下の士官は「先の被害報告では、すぐには作戦行動は取れないと言っていたはずなのに」と驚く。

Saavik: But the damage report -- we were immobilized...
Kirk: Come, come, Lieutenant, you of all people go by the book.
(中略)
Saavik: By the book...(中略)
Saavik: (to Spock) You lied.
Spock: I exaggerated.

私は学生時代、旅行で訪れたサンフランシスコの映画館でこの映画を観たが、「じゃあウソをついていたんですね」「いや、単に大げさにいっただけだよ」というこのやりとりに、館内は爆笑と拍手に包まれた。こうまで印象づけられては、この by the book という表現を調べて覚えないわけにはいかないではないか。

コロンボの「構想の死角」に戻ると、ネタバレになるが、この作品の犯人はミステリ作家であり、その殺人は小説のプロットとして考えた手口に従ったものだったことがクライマックスで明かされる。つまり原題の "Murder By the Book" は、イディオム、そして文字通り「本による殺人」という、二重の意味を持っていると考えられるわけである。うまいタイトルだと唸らされた。

「構想の死角」は、単発作品とパイロット作品に続く3作目だが、シリーズ化された「刑事コロンボ」としては第1エピソードになる。コロンボが犯人を追いつめていく決め手となる犯行の矛盾点はそれほど込み入ったものとは思えず、ミステリとしては弱いと感じたが、映像や犯人像に独特の持ち味がある作品だ。監督は無名時代のスティーヴン・スピルバーグである。


刑事コロンボ傑作選(構想の死角/指輪の爪あと) [DVD]刑事コロンボ傑作選(構想の死角/指輪の爪あと) [DVD]
(2011/11/02)
コロンボ :ピーター・フォーク

商品詳細を見る


スター・トレックⅡ カーンの逆襲/リマスター版スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]スター・トレックⅡ カーンの逆襲/リマスター版スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2012/02/10)
ウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ 他

商品詳細を見る


関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。