ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  lowdown (ロウダウン)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

lowdown (ロウダウン)

ボズ・スキャッグス Boz Scaggs の「シルク・ディグリーズ」 Silk Degrees に含まれている名曲 "We Are All Alone" について前回書いたが、実はこのアルバムで私が一番気に入っている曲は「ロウダウン」 "Lowdown" である。lowdown という単語を知るきっかけになった作品でもある。
low に down だから、あまり良い意味ではないのかと想像すると、ちょっと当てがはずれる。歌詞に "the sad sad truth, the dirty lowdown" とあるように、
- [通例 the 〜](…の)真相、内幕、(秘密)情報[on]
(ジーニアス英和大辞典)

- inside information: significant information about somebody or something, especially information that is not widely known (informal)
gave me the lowdown on buying a used car
(Encarta World English Dictionary)
という意味の名詞である。 しかし、low-down という形容詞だと、まさに low で down というべきか、
- [限定] 1卑劣な;堕落した.2ゆううつな.3(ジャズ)ひどく感傷的な
(ジーニアス英和大辞典)

- [before noun] informal
describes a person or action that is very dishonest and unfair
That was a low-down thing to do.
(Cambridge International Dictionary of English)

- Despicable; base: a low-down coward.
Gloomy; depressed.
Earthy; funky: a low-down blues; the low-down sound of a clarinet.
(American Heritage Dictionary)
ということで、名詞とはまた異なる。どうしてこうした違いがでるのか、由来も含めてどうもよくわからないままである。 ボズ・スキャッグスの「ロウダウン」に戻ると、これは本当にカッコイイ曲だ。高校生から大学生にかけて、大人のテイストを感じさせる音楽として何度も聞いた(英語の歌詞はタイトルになっている "lowdown" 以外ほとんど聞き取れなかった)が、実際に大人になり、中年になった今でも、部屋で、あるいはクルマで、折にふれて聞いているお気に入りの曲である。 リリースされた時のLPレコードでは、この曲はB面の1曲目になっていた。A面の最後が Harbor Lights というバラードだけに(ちなみにその歌詞には「東京ローズ」なんて言葉も出てくる)、レコードをひっくり返して(B面を flip side と呼ぶことがまさに体感できた)ノリの良い Lowdown が始まると、これは意図的な曲順だろうな、と感じたものである(ちなみにB面の最後はやはりバラードの We Are All Alone になっている)。the flip side がないCDではこうした楽しみは持ちようがない。
シルク・ディグリーズ(エクスパンディッド・エディション)

シルク・ディグリーズ(エクスパンディッド・エディション)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2007/04/04
  • メディア: CD
[今回の単語・表現] lowdown flip side
関連記事
コメント
トラックバック
まずは、このブログのタイトル"Lowdown"のご紹介。語れば、きりがない…聴けば、「終わらないでくれ!」という衝動に駆られる曲。Live at Great American Music Hall in San Francisco,Aug.2003高田順次!?Silk Degreesこのアルバムの6曲目。ところで、"L
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。