ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  "Alas, poor Yorick!" (Horatio その3)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Alas, poor Yorick!" (Horatio その3)

Horatio について短い続きを書く。シェイクスピアの作品に出てくるハムレットの親友が Horatio である。かなり前に触れたことがあるが、ハムレットが Yorick という死んだ道化の頭蓋骨を手にしてホレイショーに "Alas poor Yorick! I knew him, Horatio." と語る場面がある。 Horatio 本人がどうというわけではないが、しゃれこうべという道具立てのためか、この場面は英語圏では広く知られているようだ。
その昔、海外出張先のホテルでテレビをつけっぱなしにしていたら、何かのドラマか映画が流れていて、たまたま目にしたのが、登場人物が何かを持ち上げてこのセリフを言うシーンだった。 この時は、いったい何のことかまったくわからず、実のところ Yorick も聞き取れたわけでもなかった。後にハムレットのセリフであることを知り、ホテルの部屋で見たあのシーンを思い出した、というわけである。どうしてこのセリフが使われていたのかはわからないが。 さらにそのずっと後、海外に出張した際、ネイティブを交えて飲む機会があった。みなけっこう飲み、私も酔った勢いからその場にあった何かを持って意味もなく "Alas poor Yorick!" と言ったら、まわりから笑いが起きた。酒に酔ったうえでのばかな行為だったが、周囲のネイティブが反応したということは、やはりよく知られたセリフなのだと酔った頭で感じた。 なお以前取り上げたときにも書いたが、このセリフは "Alas, poor Yorick! I knew him well." とよく間違えられるらしい。Wikipedia にもその旨書かれている。 この場面は、絵画の題材としてしばしば取り上げられているようだ。洗礼者ヨハネの首を持つサロメと同様、視覚的にも強い印象を与えるからだろう。 過去の参考記事: ネイティブのための単語の使い方ガイド 「簡潔が肝心」 (Brevity is the soul of wit.)  to the manor [manner] born 「ハムレット」の名セリフの訳 勝負はこれからだ (The opera isn't over until the fat lady sings.)
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。