ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  今を楽しめ (carpe diem, seize the day)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今を楽しめ (carpe diem, seize the day)

谷川俊太郎の詩の中でもよく知られていると思われる「生きる」に、松本美枝子という写真家の作品をつけて一冊にした本を見つけた。家にこうしたアート系の本があってもいいと考えたことと、巻末に英訳も掲載されていて興味を持ったこともあり、購入することにした。 この本には、carpe diem と書かれた帯がついている。そして、あとがきで谷川俊太郎自身がこの言葉を紹介している。ラテン語のことわざで、英語では seize the day の意味だという。
谷川俊太郎は、あとがきで次のようなことを書いている。日本語にすると「この日を捉えよ」で、ずいぶん強い言葉だ、現実に私たちが生きるのはいつも「いま・ここ」で、「いま」という一瞬はあっという間に過ぎ去るが、そこには自分の過去も未来もひそんでいる。だから「いま」という時は速いだけでなく限りなく深い。 詩人らしく、また「生きる」の詩の内容にもふさわしく、この言葉をずいぶん深い意味に解釈していると感じた。 辞書で carpe diem を調べてみた。発音はラテン語風や英語風、いくつかある。
- (間)この日をつかめ(seize the day)、きょうを楽しめ (名)快楽的生き方
(ジーニアス英和大辞典)

- (希望を未来に求める生き方と対照して)この日をとらえよ(seize the day)、現在を楽しめ(enjoy the present);(好きなことを)さっさとやれ
(エピクロス哲学の格言)
(ランダムハウス英和大辞典)

- exclam. used to someone to make the most of the present time and give little thought to the future. (early 19th cent.; Latin, 'seize the day!,' a quotation from Horace)
(Oxford Dictionary of English)

- an expression used when you want to say that sb should not wait, but should take an opportunity as soon as it appears
(OALD)

- 1817, from L., "enjoy the day," lit. "pluck the day (while it is ripe)," an aphorism from Horace ( "Odes" I.xi)
(Online Etymology Dictionary)
「ランダムハウス大英和」は「エピクロス哲学の格言」としているが、見た範囲ではそれ以外の辞書は、由来を古代ローマの詩人ホラティウス Horace (Quintus Horatius Flaccus) としている。 ホラティウスはシャーロック・ホームズ物語の最初の作品「緋色の研究」 A Study in Scarlet の最後に引用される(この carpe diem ではないが)。ホームズ好きの一方文学には詳しくない私なので、この名前を聞いて頭に思い浮かぶのはホームズのことだけである。そこで電子辞書で調べると、「技巧にすぐれ、知的で都会的なユーモアと人間味に富む。人間の俗物性を風刺し、文明批評的な作品も多い」という説明が載っていた。 ついでに、エピクロス主義は快楽主義の哲学で、epicurean などの英単語、またカタカナ語にもなっている。 さて、こうしてみると、carpe diem は、谷川俊太郎がとらえているような、深刻な意味を持つものではないような気もしてくる。もちろん、元の意味がどうであれ、ある言葉から何を感じ取るかは個人に任されているといえるだろうが、実際のところはどうなのだろうか。いずれにせよ、自分から使うような言葉ではないが、おもしろい。 これまでもいくつかラテン語由来の単語を取り上げているが、今回はたまたま書店で目にとまった本でそうした言葉を新たに知ることができた。本当に単語・表現はどんなきっかけで出会うかわからないものだ。 ついでだが、上記 OALD の "take an opportunity as soon as it appears" という説明から、make hay while the sun shines というイディオムを連想したので付記しておきたい。 過去の参考記事: 「緋色の研究」(あるいは「習作」)のこと 「緋色の研究」の「タメ語の研究」
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。