ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  「不思議の国のアリス」の antipodes をどう訳すか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「不思議の国のアリス」の antipodes をどう訳すか

今回も「不思議の国のアリス」について。子どもの頃この作品を読んでいて、よくわからない箇所があった。昔のことなのでとうに忘れていたが、前回取り上げた別宮貞徳氏の「アリス」の解説本にその部分が取り上げられていたので思い出すとともに、「そういうことだったのか」と合点がいった次第である。
物語のはじめの場面、ウサギを追って穴に飛び込んだアリスは、どんどん落下しているときに、「このまま地球の反対側に突き抜けて、頭を下にして歩いている人たちの真ん中に飛び出したらおかしいだろうなあ」と考える。そして、そういう人たちは何というんだったっけ、確か Antipathies だった、と独白する。 別宮氏の解説本によれば、本当は Antipodes という単語が正しいのだが、アリスはうろおぼえで、なんとなく響きが似た、しかし意味はまったく違う antipathies (反感)と言ってしまった、ということである。そして、昔の私が引っかかったのは、この言葉遊びがよくわからなかった、つまりうまく訳されていなかったかららしい、ということに気づいた(具体的にどう訳されていたのかはもちろん記憶にない)。 では、この部分はどう訳せばいいのだろうか。antipodes は「対蹠地」だという。読みは「たいせき(ち)」あるいは「たいしょ(ち)」である。だから、それに音の似ている言葉をあてればよさそうだ。解説本の中で別宮氏は、過去の翻訳にみられる「対照人」「対情地」「対情地人」「大将人」といった訳語をあげたうえで、
しかし、こんなありもしない言葉にまちがえるのは、それこそありもしないことと思われます。「タイセキチ」という音に似ていることだけがポイントですから、たとえば「タイショクキン」(退職金)でもかまわないどころか、その方がおもしろいのではないでしょうか。
(「不思議の国のアリス」を英語で読む ちくま文庫)
と書いている。 ここを読んで、「え?」と思ってしまった。失礼ながら、「タイショクキン」、そんなにおもしろいでしょうか。翻訳の権威の別宮氏に私がもの申すことなどできないが、なんだか気が抜けてしまったというのが正直なところだ。 英語のネイティブの間で antipodes がよく使われるのかどうかよくわからないが、「対蹠(地)」という言葉を普通に使う日本人がどれくらいいるだろうか、と思う。ふつうは「地球の裏側」「反対側」とでもいうのではないか。 ではお前はどう訳すのか、といわれれば素人の私にはお手上げである。そこで、というわけではないが、週末にいくつかの書店や古本屋を回って、「アリス」の翻訳がここをどう訳しているかをのぞいてメモしてみた。 「アリス」は有名な作品とあって翻訳の数も多い。目にした範囲では、次のような訳語があった。 「アンティパシーズ(反感)」 「ダイスキケチ」 「ツイセキチュウ」 「対岸地」 「退席地」 「反対人」 「対テキ人」 「大将人」 「対庶民」 「ハンタイ民族」 いろいろあって、どれも苦心のあとがうかがえる(しかし、さすがに「アンティパシーズ(反感)」は、翻訳としては落第ではないだろうか)。別宮氏の解説のような内容の注をつけているものもあるし、「ほんとうは対蹠人といいます」といった、原文にない文をこしらえて付け加えている翻訳もある。 そうした工夫をしなければわかってもらえないということが、「対蹠」という言葉があまり知られていないことを裏書きしているのではないかと感じる。少なくとも、アリスと同じ年齢の日本人の女の子がみな知っていて使うようなものではないだろう(「アリス」は児童向けではなく大人のための作品である、という見方もあるようだが、それでも主人公のアリスが子どもであることに変わりはない)。 だとすれば、音の類似ではなく、意味が通じることに重きを置いた「対岸人」とか「対照人」(むしろ「対称」か)などの方が、ふつうの読者にとってはわかりやすいのではないか、と思う。また、「反対人」や「ハンタイ民族」は、物理的な「反対」だけではなく、アリスがまちがえて使った antipathies の意味もくんで考えだしたものかもしれない。しかし多くの翻訳家の方々は、やはり「たいせき(たいしょ)」の音にこだわってみたいのだろうなあ。難しいものである。 辞書を見ると、イギリスではオーストラリアやニュージーランドを the Antipodes と呼ぶとある。アリスのような子どもでも antipodes という単語を知っている(つもりだった)のは、地球の反対側に大きくて名も知られた豪州があるという、イギリスならではの事情があるのではないか。その点で、日本人の子どもにとっての「対蹠地」とは比較にならないのではないか、とも考えたくなる。 なお antipodes は、アリスが antipathies とまちがえたように、最後のところは /-di:z/ と発音される(antipode という単語も確かにあるが、辞書には antipodes から -s が落ちてできた逆成 back-formation だと説明されている)。ニュージーランド領の the Antipodes は「アンティボディーズ諸島」と表記されている。
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。