ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  日本語  »  「おなじみのある店」(気になった日本語)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おなじみのある店」(気になった日本語)

この週末、散らかったマイカーの車内を久しぶりに整理していたら、何枚かメモが見つかった。もう意味がないものばかりだが、その中のひとつに「おなじみのある店」と書いてあった。
それで思い出した。いつだったか、いずれにせよもうずいぶん前のことだが、ドライブ中にラジオを聞いていたら出演者のひとりがこう言ったので、面白いと思って赤信号の時に書きつけたものだった。帰宅した時にはもうそのメモのことを忘れていて、今ごろになって見つけたのだった。 「おなじみの」あるいは「なじみのある」ではなく、「おなじみのある」という言い方は初めてだった。そんなことを思い出しながら、ためしにネットを検索してみたら、それなりにヒットがあり、使っている人がいることがわかった。 私にはちょっと気になる言い方なのだが、別におかしくはないのだろうか。どうも自信ががないので、詳しい方がいらしたら教えていただければ幸いである。
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。