ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  歯の妖精 (tooth fairy)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯の妖精 (tooth fairy)

先日、オーウェルの寓話「動物農場」 Animal Farm には A Fairy Story という副題がついている、と書いた。この fairy つながりで連想したのが tooth fairy である。 乳歯が徐々に抜けてきている私の娘も、この存在を「歯の天使」として知っていることをつい最近知って驚いた。尋ねると友だちから聞いたというので、西洋の風習に詳しい家庭なのだろうかと思った。 日本では、乳歯が抜けると下の歯は屋根に、上の歯は縁の下へ投げる。私も子どもの時よくやったが、アパートやマンションが多い都市部では廃れつつあるのではないだろうか。この慣習の西洋版が tooth fairy である。 といっても歯を放るのではなく、枕の下などに置いて寝ると、翌朝それが小銭に変わっている、というものだ。乳歯を小銭に交換するのは、もちろん親などではなく「歯の妖精さん」、というわけである。
日本に生まれ育ったので、こうしたことを書いている私も、随分な年齢になってから何かで学んで知った。だから肌で理解しているものではないが、「歯の天使さん」を知った娘にとっては、屋根や縁側もないマンション住まいのこともあり、tooth fairy の方が身近な存在となるのだろう。 以下、オンラインの辞書の説明である。
- a fairy said to take children’s milk teeth after they fall out and leave a coin under their pillow.
(Compact Oxford English Dictionary)

- fairy replacing tooth with money: in children's folklore, a fairy who takes away the baby tooth that a child leaves under the pillow and replaces it with a coin or small gift
(Encarta World English Dictionary)

- Date: 1962
a fairy believed by children to leave money while they sleep in exchange for a tooth that has come out
(Merriam-Webster's Online Dictionary)

- This expression refers to the fairy credited with leaving money under a child's pillow in place of a baby tooth that has fallen out, a practice popular with American parents since the first half of the 1900s.
(The American Heritage Dictionary of Idioms)
上記のように1962年という具体的な年を書いている辞書がある一方で、もっと以前としているものもある。Wikipedia を見ると(記述に信憑性があるとしてだが)20世紀前半にはこの言葉があったらしいことがうかがえる。 また抜けた乳歯をどう扱うか、いろいろな文化・国についての記述もあり、なかなか面白い。日本の慣習については、
In Japan, a different variation calls for lost upper teeth to be thrown straight down to the ground and lower teeth straight up into the air; the idea is that incoming teeth will grow in straight.[citation needed]
( http://en.wikipedia.org/wiki/Tooth_Fairy )
とあった。天井や床下のネズミのように丈夫な歯になるように、という説明を聞いた記憶があるが、Wikipedia の記述だと「歯がまっすぐに生えるように」という理由だという。本当だろうか([citation needed] とあるので編者も確たるものとは考えていないようだが)。 日本では、アメリカほど歯並びを気にかけない(少なくとも、かつてはそうだった)とわれていると思うし、少なくとも八重歯は、日本ではかわいいものとされてきたはずだ。ついでだが、八重歯は英語では double tooth とか vampire tooth というようだが、後者はどう考えても快い語感とは思えない。 快くないといえば、こんにゃくと devil's tongue について、かつて書いたことがあるのを思い出した。また歯については、乳歯を milk tooth とか baby tooth ということ、また歯が生えることを cut a tooth ということも以前書いたことがあり、参考まで。 参考: ◎日本語→英語の表現集 「こんにゃく」と devil's tongue  「2」にちなんだ表現・落穂拾い
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。