ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  「動物農場」の新訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「動物農場」の新訳

「旧訳と新訳」について先日書いたが、新訳といえば、書店をぶらついていていたら、ジョージ・オーウェルの小説「1984年」と「動物農場」の新しい翻訳がそろって出ていることに気づいた。私にとっては「1984年」よりも「動物農場」の方が取っつきやすい作品だし、新訳はなかなか良さそうだったので、こちらを購入して読んだ。
動物農場―おとぎばなし (岩波文庫)

動物農場―おとぎばなし (岩波文庫)

  • 作者: ジョージ オーウェル
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2009/07/16
  • メディア: 文庫
新訳でまず目を引いたのは、「です・ます」体を使っていることである。初めて読んだ時の訳は「だ・である」体だった。 この作品には "A Fairy Story" という副題がついている。だから「です・ます」調を使うべきだ、といいたいわけではもちろんないし、子ども向け作品の翻訳が判で押したように「です・ます」調を使っていることに批判的な翻訳者もいることは、やはり以前書いたことがある。 しかしそれでも、この作品は「です・ます」体を使った方が印象が深くなるのではないか。初めて読んだ時に何となくそう感じたのを覚えている。そして今回、実際にそのように翻訳された新訳を読んでみて、確かにこの寓話の持つ重さが「です・ます」体によってかえって強められているように思った。もちろん異論があるかもしれないが。 もうひとつ、これはネタばれになるが、この作品には、文の最後にわずか数語を付け加える手法によって、権力者が元の意味をがらりと変えてしまう様子が描かれている。 例えば、もともと "No animal shall drink alcohol." だったスローガンが、いつのまにか "No animal shall drink alcohol to excess." に、そして "No animal shall sleep in a bed." が、"No animal shall sleep in a bed with sheets." と書きかえられていた、という具合である。 最後には、"All animals are equal." が、"All animals are equal but some animals are more equal than others." となる。権力者によるプロパガンダ・世論操作の怖さを示している場面といえるだろう。また英語の面でも、原文を読んだ時に、なるほどそうなるのか、と思った。 この部分は今回の新訳では、「動物は酒を飲むべからず」が、のちに「動物は酒を飲むべからず。過度には」に、また「動物はベッドで寝るべからず」が、「動物はベッドで寝るべからず、シーツを用いては」になる、というようにしている。 ごく当たり前の訳のように見えるが、書店にあった別の翻訳を見たら、「動物は過度に酒を飲むべからず」というように訳していた。これでは、数語を書き足したのではなく、まるで元のスローガンをいったん消してまったく新たに書き直したようになってしまう。英文解釈としては合格でも、翻訳としてはうまくない、といえる例といえるのではないか。ここはやはり、新訳のように原文と同じような語順にすべきだと思う(ちなみのこの別の翻訳は「だ・である」体を使っている。かなり前に出た訳だが、私が最初に読んだのがこれだったかどうかは記憶にない)。 この「スローガンの書きかえ」については、新訳の翻訳者も巻末の解説で触れていたが、そこではオーウェルのエッセイ「政治と英語」 Politics and the English Language とも関連づけて論じていた。このエッセイについては、私も以前ここで取り上げたことがあるが、あくまで英語学習とからめて書いたにすぎず、「動物農場」とのつながりなど考えもしなかった。自分の読みの浅さを恥じるのみである。 「動物農場」はオーウェル自身が「ソヴィエト神話を暴露する」ために書いたと述べているが、今でも、常に腐敗・堕落に陥る権力の危うさを描いた作品としても読めると思う。オーウェルがそこまで意図していたかどうかはわからないが、名作とは、いったん著者の手を離れたら、当初の意図を超えて、後の時代の読者が新しい意味を見いだせる要素を持っているのではないかと思う。この「動物農場」はそうした好例ではないか、と新訳を読みながら考えた次第である。 最後に「読みが浅い」ということで開き直って英語についての余談だが、前述の more equal といえば、その昔 equal は比較級にはならないと習った時は、「現実にはいろいろな不平等があるのにそんなことってあるのか」と思ったのを覚えている。しかし今回あらためて「ジーニアス英和辞典」で equal を引いたら、「実際には a more equal distribution of profit といった表現もよく用いられる」という内容の記述があった。 過去の参考記事: ジョージ・オーウェルの英語指南 【本】 「飛ぶ教室」の新訳
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。