ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  「帰ってくれたらうれしい」か? (You'd Be So Nice to Come Home to)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「帰ってくれたらうれしい」か? (You'd Be So Nice to Come Home to)

前回取り上げた crooner は、男性歌手を指すことが多いようだが(もっとも、検索したら female crooner も使われている)、英語でジャズの歌を聞くのなら、曲を楽しむ上でも英語を学ぶ上でも女性(女声)のほうが好みなのは、私が男だからだろうか。 女性ジャズ歌手の名盤の一つに、マイクの前で絶唱するジャケットが印象的なヘレン・メリル Helen Merril のアルバムがある。2曲目の "You'd Be So Nice to Come Home to" は特に人気だ。
ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン

ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン

  • アーティスト: クリフォード・ブラウン,ジミー・ジョーンズ,オスカー・ペティフォード
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2003/04/23
  • メディア: CD
かつては「帰ってくれたらうれしいわ」という邦題をよく見たが、いまはほとんど英語をカタカナで表記したものになっている。別にカタカナ流行りの傾向に乗ったものではなく、以前の題は訳が不適切だかららしい、と何かで読んだことがある。 どういうことかというと、She is pleasant to talk to. が It is pleasant (for me) to talk to her. と言いかえられるように、この You'd be so nice to come home to. は、It would be so nice (for me) to come home to you. ということであるという。つまり、相手が自分のところに帰ってくるのではなく、自分が相手の方へ帰っていくというわけだ。 …などと書いた私も、邦題は不適切だという指摘を最初に読んだ時は、「へ?」と思い、ついで上記のような説明を読んで、ようやくわかった(つもりになった)ことを覚えている。 今でも、こうした文を聞いたら、とっさに「帰ってくれたらうれしいわ」的に取ってしまう可能性は大きい。やはり母国語でない哀しさ、英語がすっと入ってくるようにはなかなかならないものだ。 それにしては、邦題として「ユード・ビー・ソー・ナイス・・・」では、どうにも間が抜けた感じがする。映画のタイトルもそうだが、やはりカタカナの羅列はいただけない。 いずれにせよ、ヘレン・メリルのこのアルバムは、歌唱・演奏、選曲、そしてジャズでは重要な要素であるジャケットと、三位一体揃った名盤だ。ジャズボーカルの入門としてもうってつけだと思う。
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
' readonly="readOnly" />
このエントリーの固定リンク
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。