ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  「オンブズマン」と PC のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オンブズマン」と PC のこと

先日「スキーム」 scheme と、その関連で mice and men という表現に触れたが、カタカナ語と man からの連想で頭に浮かんだのが ombudsperson である。「オンブズマン」はもともと英語ではないと聞いていたので、この単語を初めて見たときは奇異に感じたことを覚えている。
すぐにわかるように、-man を politically correct とする考えに従って -person にしたものであろう。この -man は多くの人が英語と同じ意味に取るだろうから、外来語であっても英語と同じように扱うのは無理からぬこと、と考える方が自然なのかもしれない。 辞書を引くと ombudsman はスウェーデン語に由来し、やはり -man は英語と同じ意味であった。
1959, from Swed. ombudsman, lit. "commission man" (specifically, in ref. to the office of justitieombudsmannen, which hears and investigates complaints by individuals against abuses of the state)
(Online Etymology Dictionary)
いくつかの英語辞典では、すでに ombudsperson を見出し語にしているのも無理からぬことであろう。 -man の部分を置き換えた単語といえば、chairman の代わりに使われている chairperson など代表格といえるだろうが、その昔、「- man がついている chairman がダメなら -son がついている chairperson もダメのはず。女性なら chairperdaughter とすべき」という冗談を読んだ記憶がある。 名詞なら -person にすればいいが、こうした単純な置き換えができないのが動詞の man である。この単語も、これまで何回か取り上げている "Star Trek" の小説を読んでいて、文脈とともに覚えた単語のひとつだ。
To supply with men, as for defense or service: man a ship.
To take stations at, as to defend or operate: manned the guns.
To fortify or brace: manned himself for the battle ahead.
(American Heritage Dictionary)
ネットを見ると、"Avoid using 'man' as a verb." とか "It is best not to use man as a verb." といった記述が見つかる。動詞の man も将来的には死語となる運命にあるのだろうか。代わりとして operate や staff などいくつかの言い換えが挙げられていたが、man のシンプルさにはかなわないように思う、などと書くと叱られそうである。 名詞なら単純に置き換えることができる、と書いたが、さらに想像を広げると、con man という語は con person になるのか。そう思ってネットを見たら、数は少ないが実際に使われてきているようだ。もっとも辞書にも載っている con artist という言葉があり、言い換えるならこちらの方が自然なのかもしれない。 そういえば、penmanship という単語がある。小学6年生の時に「中学生になれば英語を習う」と思って親にねだってアルファベットの練習帳を買ってもらったのだが、その表紙に書かれていたのを今も覚えている。この単語は PC にのっとれば penpersonship とすべきか、はたまた pendaughtership もありなのか。そんな戯れ言を考えたくなる。
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。