ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  英語にもある語尾上げ言葉 (uptalk)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語にもある語尾上げ言葉 (uptalk)

前回取り上げた疑問符から連想したことを少し書いてみたい。疑問符といえば疑問文、しかし疑問文ではないのに語尾をしゃくり上げる話し方が日本人の間に増えてきたことが指摘されて久しいが、似たような傾向は英語のネイティブスピーカーにもある。こうした話し方を指す単語もあり、uptalk という。
私が最初にこの uptalk に気づいたのは、日本でもBSなどでアメリカの英語ニュースが放送されるようになった頃だった。街頭インタビュー(vox pop)で、疑問を表しているのではないのに上昇イントネーションで話している人がいるのに気づき、日本で指摘されているのと同じような現象で面白いものだなと思った。そのうちに、何かで uptalk という単語があることも知った。 up と talk という基本単語が含まれていて、その点でも覚えやすいと思うが、私が目にした範囲では、この単語を載せている辞書は多くないようだ。そのひとつ、「リーダーズ英和辞典」の、
アップトーク(平叙文の文末をはねあげる口調;書くときには文末に ? を付けて表す)
という記述では、単に疑問文の形を取らずにイントネーションだけで疑問の意を表すことだと受け取られかねないようにも思う。 次は、オンライン辞典にあった説明である。
a rise in pitch at the end usually of a declarative sentence, esp. if habitual: often represented in writing by a question mark as in Hi, I'm here to read the meter?
(Dictionary.com, based on the Random House Dictionary)
Wikipedia は uptalk ではなく、High rising terminal という別名で項目を立てていた。
The High Rising Terminal (HRT), also known as uptalk, upspeak or High Rising Intonation (HRI), is a feature of some accents of English where statements have a rising intonation pattern in the final syllable or syllables of the utterance.
( http://en.wikipedia.org/wiki/Uptalk )
こうした話し方は、一般の人による「街の声」などインフォーマルな状況で見られるもので、話のプロはさすがにそんなことはないのだろうとはじめは考えていた。しかし、そのうちにニュースに出てくるリポーターも上昇調で話しているのを見聞きするようになり、マスメディアでもかなり広まっているのかもしれないと思うようになった。 ネットを検索すると、uptalk をめぐってさまざまな議論がされていることがわかる。十代の女の子と結びつけた次の記述を読むと、この点でも日本語の語尾上げ口調と共通点があるようで面白い。
'Uptalk' - the pattern of speech used by young people where every sentence ends on a rising note - is fast entering the mainstream, says a New York professor.

Once the preserve of teenage girls, this habit of using "rising inflexions" to mark the end of every phrase, is now crossing into standard adult speech, says language expert, Professor Yvonne Pratt-Johnson.

('Uptalk' becoming standard speech
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/education/4116788.stm )
いろいろな関連記事を読み込んだ上でさらに書いてみたいところだが、残念ながら今はその余裕がない。以下、目についた大手マスメディアの記事を紹介するが、この他にも個人のブログ等で面白そうな記事がヒットするので、関心を持たれた方は検索して調べていただけたら、と思う。 "Word up" http://www.guardian.co.uk/books/2001/sep/21/referenceandlanguages.mattseaton "On Language: Like, Uptalk?" http://www.nytimes.com/1993/08/15/magazine/on-language-like-uptalk.html
関連記事
コメント
トラックバック
英語の訛り,アクセント,方言についての本.コックニー,スコットランド訛り,アイルランド訛りなどのイギリス英語や,東部アクセント,南部アクセント,ニューイングランド訛りなどのアメリカ英語の方言,ア...
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。