ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  chad の由来について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

chad の由来について

chad についての短い続きである。前々回、この単語を取り上げようと思ったのは chaff からの連想だと書いたが、由来について「リーダーズ英和辞典」は、まさに「chaff からか」としている。興味を持ったので少し調べてみた。
私が持っている電子辞書を見ると、 Oxford Dictionary of English には、単に "1950s; of unknown origin." とあるだけだが、面白いことに同じオックスフォード系の New Oxford American Dictionary は、これと異なる初出年代を示しているうえ、記述もずっと細かい。
1930s; possibly from Scots chad 'gravel; small stones' or dialect chat ' chip of wood.' It is not, as suggested, from the name of Mr. Chadless, inventor of a Chadless Keypunch, no such person has been found. Nor is it formed as an acronym from 'card hole aggregate debris.'
ここには chaff 説は出てこないが、わざわざいくつかの説をあげてそれを否定しているのが面白い。よく知られた通説の流布があるのだろう。 そのひとつは Chadless 氏の名前から来たというもので、ここから less を取って chad ができた、ということだろうが、話としてはよくできているものの、実はそんな人物はいなかったという。 なお chad を出さないことを指す chadless という形容詞が実際にあり、前回あげた「マクミラン」のサイトには employ chadless systems (voting procedures which avoid punching holes in card) という言い回しが出てくる。 このほか、chad について書いているサイトをいくつか見たが、上記の説、あるいは冒頭の chaff 由来説など、を中心にいろいろ唱えられてはいるものの、詳しいことはわからないという点で共通していた。それほど古い言葉ではないはずなのに、はっきりした由来がわからないというのはちょっと意外である。
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。