ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  「豚」インフルエンザと「パンデミック」のことなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「豚」インフルエンザと「パンデミック」のことなど

新型インフルエンザの脅威が現実のものとなった。警戒されていた鳥ではなく豚に由来するもので、英文メディアには swine flu という言葉が踊っている。しかし世界保健機関 the World Health Organization のサイトを見ると、4月末から、この言葉ではなく influenza A (H1N1) と呼んでいることがわかる。
http://www.who.int/csr/disease/swineflu/updates/en/index.html "swine flu" 自体、少し古い辞書にも見出し語として載っていたので、WHOが呼び方を変えたのだとしたら「ヒトからヒトに移るように変異した」という意味が出ないためか、などと考えた。 さらに調べると、呼称変更をめぐるAP通信の記事が見つかった。それによると、
WHO spokesman Dick Thompson said the agriculture industry and the U.N. food agency had expressed concerns that the term "swine flu" was misleading consumers and needlessly causing countries to ban pork products and order the slaughter of pigs.
( http://news.yahoo.com/s/ap/20090430/ap_on_he_me/un_who_swine_flu )
さらに関連業界からの苦情も背景にあるようだ。次は同じくAP電だが、"Is swine flu's name hogwash?" と、大変うまいタイトルがついている。この記事を載せたカナダの放送局が独自につけたものだろう。 http://www.cbc.ca/world/story/2009/04/28/swine-name-change028.html 関連記事をもうひとつ。 http://news.yahoo.com/s/ap/20090501/ap_on_he_me/med_swine_flu_name 日本の厚生労働省やマスメディアでも、「新型インフルエンザ」の使用が「豚〜」より増えてきたように感じる。WHO にあわせたものだろうか。 今回、言葉の呼び方で個人的に気になるのは「パンデミック」である。「(世界的大流行)」などとカッコつきで補っている場合もあるが、ならば最初からカタカナ語ではなくこちらの言葉で表現すればいいのではないか。専門家の間では「パンデミック」が定着しているのかもしれないが、なにせ今回は広く国民の生命にかかわる事案なのだ。 その pandemic には関連語がいくつかあるが、意味に違いがあってちょっとややこしい。
- An endemic disease is one which is constantly present to a greater or less degree in any place, as distinguished from an epidemic disease, which prevails widely at some one time, or periodically, and from a sporadic disease, of which a few instances occur now and then.
( Webster's Revised Unabridged, 1913 Edition )

- pandemic
NOUN an epidemic that is geographically widespread; occurring throughout a region or even throughout the world
ADJECTIVE 1. epidemic over a wide geographical area; "a pandemic outbreak of malaria" 2. existing everywhere; "pandemic fear of nuclear war"
( Wordnet 3.0 )
覚えるのには、語源が手助けになるかもしれない。endemic は en (=in) + demos (=people, district)、pandemic は pan (=all) + demos というギリシャ語由来の言葉だ。demos は「デモクラシー」と関係あるし、pan は「パンアメリカン」や「汎〜」として使われている。 ちなみに、上の定義に出てきた outbreak も新型インフルエンザ関係ではおなじみの単語というべきだろう。これも小説や映画で「アウトブレイク」とそのままのカタカナ語で使われていた。 カタカナ語でもうひとつ書けば、WHOの警戒レベルが「フェーズ5」などと呼ばれている(ある日出勤前に朝のワイドショーを見ていたら、アナウンサーが「フェーズ」ならぬ「フェース」と連呼していたのには笑った)。カタカナ語や日本語のあり方がどうこう、というより、「広く国民の生命にかかわる事案」という一点だけでも、私は誰にもわかりやすい表現を取るべきだと考える。「第5段階」だと何か不都合でもあるのだろうか。 そうした事案、ということで余談だが、先週、高校生に国内初の新型ウイルス感染が疑われた。この日私は会社の夜勤当番で、帰宅してテレビをつけたら入って間もないこのニュースをやっていて、結局未明の舛添厚生労働大臣の会見中継までずっと見ていたが、どうも気になることがあった。 まずひっかかったのは、厚生労働省の「国内で感染が疑われる初めての例を確認」という発表だった。ニュースをよく聞けば「最終的な判定はまだ」ということがわかるのだが、「確認」という言い方だと、まるで感染者が出たかのような錯覚を与えかねないのではないか(私の妻がその実例で、発表があった時はすでに就寝していたが、翌朝ニュースを聞いて「日本にも新型インフルエンザが来た!」とカン違いしていた)。 確かにお役所の考えでは、疑われる初めての例を「確認」した、ということになるのかもしれない。しかし、混乱を避けるという意味でも、これは「把握」程度の表現で十分だったのではないだろうか。 続いて「厚生労働相がまもなく会見する」と伝えられると、私は「これは最終的に感染が確かめられたか」と思った。組織のトップ自ら公の場に出てくるというのは、それ自体がひとつのメッセージであり、よほどのことがあったことを意味すると(少なくとも私は)理解している。しかし、ほどなく始まった会見は、基本的にはそれまで出ていた情報をまとめただけだった。 私は、この段階ではもっと下位の担当者が出てくれば十分で、大臣が会見する必然性はなかったと思う。かえって不安をあおることにはならないか。しかも、会見で舛添大臣は「横浜市と連絡がつかなくなった。危機管理体制がなっていない」と(やや興奮気味に)批判していたが、後日の報道では、国側の発表で横浜市に問い合わせが殺到し、市はそちらの対応に追われていたという。 「国の対応は早かった」と評価する声があるかもしれないが、無用な混乱を招き行政の連携の悪さも露呈したわけで、私には、トップが自分の持つ権力の重さに気づいていないのでは、と感じられた。大臣が出てくるのはちょっと過剰反応、というより、一種のパフォーマンスではないかと思ってしまったのは勘ぐりすぎか。 いずれにせよ、感染を水際で阻止するのは大変難しいのではないかと思う。だからこそ、冷静な対応が必要なわけで、それを求める行政担当者や大臣本人が浮き足立ったような態度を示すのは困る。自ら範を垂れて欲しいものだ。 とりとめのない話が長くなったが、「感染」といえば、以前「病気以外にも使う contagious」について取り上げたことを思い出したので、参考として最後にあげておきたい。 参考:病気以外もうつる contagious
関連記事
コメント
トラックバック
リンガ・エスプレッソのヤスロウです。皆さんお元気でしょうか?私はまだ風邪が抜けきらず、すっきりしない状態です。私にこれを移したと思われる友人は、もうとうに回復したものと思っていたら、その後悪化して気管支炎に至ってしまったそうです。私もそうなってしまわないよう、無難に、無難にいきたいと思います。そんなわけで、なかなか仕事に集中できないので、ブログ記事がたくさん書けてしまいました。 なんともはや、瓢箪から駒というか、塞翁が馬というか。というわけで、また新しい記事をお届けします。さて、豚イン...
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。