ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  「またつまらぬものを・・・」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「またつまらぬものを・・・」

「・・・斬ってしまった」というと、先日新作が放送された「ルパン三世」の石川五ェ門の決め台詞になるが、inconsequential のような難しげな単語を覚えるには、こうした連想やこじつけが有効かもしれない。五エ門のセリフにはちょっと big word という感じはするが。

というわけで、inconsequential は「重要でない、取るに足らない」(of little or no importance; insignificant; trivial)という意味である。
inconsequential details (瑣末なこと)とか inconsequential things といった用例が辞書に載っている。

今回も小説 The Reluctant Fundamentalist から実例をひとつ。

We attempted to speak of inconsequential matters, but this proved difficult

この単語には、「論理的でない、つじつまの合わない」という意味もある。発音が似た consequence は「結果」という意味だが、これは「論理的帰結としてそうなる」ということだと考えればよさそうだ。

これに否定の接頭辞 in- をつけて inconsequence とすれば、「矛盾、不合理、見当違い」。形容詞が inconsequentinconsequential となる。


関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。