ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  「制裁」とは正反対の sanction

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「制裁」とは正反対の sanction

北朝鮮のミサイル発射で、日本が経済制裁を強化することになった。これに関連して sanction という単語について短く書いておきたい。これまでも、「辞書を引かずにひたすら読む」だけでは誤ったイメージを抱きかねないと思う単語や表現を取り上げているが、これもそのひとつといえるかもしれない。
- Japan decided on Friday to extend economic sanctions on North Korea by a year, including a ban on imports, and to tighten oversight of fund transfers to its secretive communist neighbor in response to a rocket launch, the top government spokesman said.
(Reuters)

- Japan is to impose tough new sanctions against North Korea in response to its claimed nuclear test.
(BBC)
この単語を上記の例のように使えば「制裁」ということになるが、この意味だけで覚えていると、誤読・誤訳につながりかねない。 辞書の用例をあげてみよう。
- give sanction to...
- We have the sanction of the law to do so.

- The scheme was sanctioned by the court.
文脈なしにこれだけで意味を考えろというのは文字通り意味がないかもしれないが、それでも、この sanction を見て「制裁」だけしか頭に浮かばず、それぞれ「…に制裁を与える」、「法律に基づく制裁を受ける」、「裁判所による制裁を受けた」としか解釈できないとしたら、ちょっとまずいだろう。実際には前後関係で「何か変だ」と気づくだろうが、そう感じられない文脈もありうるかもしれない。 名詞の sanction を辞書で引くと、まず
1. [U][…に対する](公権力による法的)認可、裁可;承認、許可(approval) [for]
2. [U](伝統・慣習による)[…の]是認、容認、支持 [to]
(ジーニアス英和大辞典)
とあり、上にあげたのは実はこの意味での用例である。「制裁」とはかけ離れた、むしろ一見逆と感じる人もいるのではないか。 sanction がこうした意味を持つ、と書くと、「何を当然のことを」という人がいるかもしれない。しかし、英語のニュースによく出てくる単語なので、「制裁」の意味だけで覚えた人もいるだろうし、実際にそうした人がいて意味を取り違えた例を私は見ている。そこで、今回取り上げてみた次第である。 「ジーニアス」の定義の続きである。「制裁」としては、ふつう複数形で使われることに注意したい。
3. [C][悪事をさせないための](道徳的・社会的)拘束(力) [against]
4. [C][法律](違法者に対する)制裁、処罰;[通例〜s][・・・に対する]制裁(措置) [against, on]
(同上)
英語学習雑誌の英文記事に sanctions イコール「制裁」とだけ書いている注があったとしたら、ちょっと不親切だというべきかもしれない。やはり、他の意味もあることをしっかりと記してほしいと思う。 この単語は、「是認」「容認」、「認められたことを守らせる」「拘束力」、そして「制裁」と、連想ゲームのように意味が広がっていったのではないかと思うが、「制裁」の意味で使われるようになったのはそう古いことではなさそうだ。以下の Online Etymology Dictionary の記述によれば、まだ100年も経っていないことになる。
1563, "confirmation or enactment of a law," from L. sanctionem (nom. sanctio) (中略) Sanctions, in international diplomacy, first recorded 1919, from sanction (n.) in the sense of "part or clause of a law which spells out the penalty for breaking it" (1651).
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。