ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  厚顔無恥にして大胆不敵 (chutzpah)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚顔無恥にして大胆不敵 (chutzpah)

前回は、AIG問題をめぐって共和党の議員が物議を醸す発言をしたことについて書いたが、同氏の発言に chutzpah という単語が出てくる。時おり目にする単語なので、ついでに触れておきたい。
"I don't know whether the ($165 million in bonuses) is an issue as much as just the chutzpah of the people running AIG."
( http://blogs.abcnews.com/politicalpunch/2009/03/gop-senator-aig.html )
前に取り上げたことがある schmooze 同様、イディッシュ語・ヘブライ語から来ているという。
私の学習ノートを見返すと、次のような実例が書きとめてあった。以前紹介したビートルズの本 "The Love You Make" にあったものである。
It was a mixture of guts and gall that went beyond chutzpah into the rage of something spooky.
辞書にある次のような説明を読むと、否定的なニュアンスを持つ言葉のように思える。
- (主に米俗)厚かましさ、ずうずうしさ;生意気、出しゃばり、思いやりのなさ
(ジーニアス英和大辞典)

- [U] behavior that is extremely confident and often rude, with no respect for the opinions or abilities of anyone else
The movie was made with a little money and a lot of chutzpah.
I wonder who had the chutzpah to disagree with him?
(Cambridge Dictionary of American English)
しかし、別の定義を見るとapproving と書いているものがあって、少し見方が変わってくる。余談だが次の例文中の Cohen はユダヤ系によくみられる名前で、単語の由来にあわせたものか。
- [mass noun] extreme self-confidence or audacity (usually used approvingly)
Love him or hate him, you have to admire Cohen's chutzpah.
(Oxford Dictionary of English)

- [U] (often approving) behavior, or a person's attitude, that is rude or shocking but so confident that people may feel forced to admire it (syn) nerve
(OALD)
さらに次のような記述もあり、月並みだが、肯定的・否定的いずれかは結局のところ状況による、ということになろうか。
- 必ずしも悪い意味でなく、個性的な強さとして賞賛される場合もある
アンカーコズミカ英和辞典

- The modern English usage of the word has taken on a wider spectrum of meaning,..., having been popularized through vernacular use, film, literature, and television.
In Hebrew, chutzpah is used indignantly, to describe someone who has over-stepped the boundaries of accepted behavior with no shame. But in Yiddish and English, chutzpah has developed ambivalent and even positive connotations.
( http://en.wikipedia.org/wiki/Chutzpah )
ちなみに「新編英和活用大辞典」は「(口)ずぶとい、大胆な」としていた。名詞であることを考えれば、形容詞のような訳語を辞書がつけているのは厳密に見るとふさわしくない気もする。 最後に発音だが、ch- のところは /h/ あるいは /x/ で、後者(/ks/ではない)は普通の英単語にはない音である。それに続く母音は /u/ になる。 参考:schmooze
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。