ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  直しすぎも考えもの (hypercorrection)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直しすぎも考えもの (hypercorrection)

前回はオバマ大統領の宣誓で最高裁長官がおかした文言のミスについて書いた英文記事を紹介したが、その中に hypercorrection という単語が出てきた。もう一度引用してみよう。
President Obama, whose attention to language is obvious in his speeches and writings, smiled at the chief justice’s hypercorrection, . . . ( http://www.nytimes.com/2009/01/22/opinion/22pinker.html )
ここでは、文法上誤りではないところを直した結果かえっておかしくなってしまうことを指しているが、私が最初にこの hypercorrection という言葉を意識したのは、「サンダーバード」 Thunderbirds というイギリスのテレビドラマに出てきた h の発音である。
このSF人形劇については、「動詞ではない go」について以前取り上げた時に触れたことがあるが、日本でも私が子供の時に放送され、大人気となった。日本語版もていねいに作られていたと思う(ロケット打ち上げの場面で lift off を「リフトをはずせ」とした誤訳もあったりはするが)。 私が原語で聞いたのは大人になってからだ。英米両方の英語が使われているが、子供向け番組のせいか聞き取りやすい。しかし登場人物のうち唯一、イギリス貴族に仕える Parker という執事が大変な難物だった。 パーカーは裏社会の出身という設定で、コックニーなまりというのだろうか、非常にくせのある発音で、/ei/ が /ai/ になったり、/h/ が落ちたりする。主人である女性貴族のわかりやすいイギリス英語と大きな落差があった。 そのうちに気づいたのは、この執事が、h の音を脱落させているだけでなく、母音で始まる単語に余計な /h/ をつけて発音していることだった。 例えば、彼が活躍する "Lord Parker's 'oliday" というストーリーがある(このタイトルは h 音の脱落を表している)。ここでパーカーは、occupy をいってみれば hoccupy、adequate を hadequate、assist が hassist、anticipate は hanticipate といった調子で、不要な /h-/ をくっつけているのが聞き取れる。 ある時、文法や発音で直す必要がないところを直し、結果的に誤りになってしまうことを hypercorrection と呼ぶ、ということを何かで読んで知った。あの発音は、パーカー独自の、つまりあのテレビ番組独自のものではなかったのだ。 この現象について詳しいことは英語の専門家による説明をいただきたいところだが、手っ取り早いところで Wikipedia を見ると、確かに hypercorrection という項目が見つかった。しかし発音については同じ Wikipedia の別の項目に "H-dropping and h-adding" としてまとまった記述がある。
The opposite of h-dropping, so-called h-adding, is a hypercorrection found in typically h-dropping accents of English. ( http://en.wikipedia.org/wiki/Phonological_history_of_English_fricatives_and_affricates#H-dropping_and_h-adding )
そして「マイ・フェア・レディ」 My Fair Lady にある "In 'Artford, 'Ereford, and 'Ampshire, 'urricanes 'ardly hever 'appen" というセリフを紹介している。h が落ちている単語がほとんどだが、hever は h が余計だ。またこの映画を見なくてはなるまい。 なお、この記述がある項目 Phonological history of English fricatives and affricates は、その他の発音上の現象についても触れていて面白い。例えば s 音と sh 音を混同するのは、何も日本人だけではないらしいことが sip-ship merger として説明されている。これについて連想するのは shibboleth という聖書にちなんだ単語で、これについては以前取り上げたことがあるが、前回引用した op-ed 記事"Oaf of Office"にも使われていたので抜き書きしておく。
Language pedants hew to an oral tradition of shibboleths that have no basis in logic or style, that have been defied by great writers for centuries, and that have been disavowed by every thoughtful usage manual. ( http://www.nytimes.com/2009/01/22/opinion/22pinker.html )
ちなみに hyper- は super のように「過度に」「超〜」ということで、英英辞典には over, beyond, exceeding, excessively, above normal などと書かれている。私は子供の時、SF小説に出てくる「ハイパースペース」(超空間)という言葉で出会った。hyper 単独では hyperactive or unusually energetic という意味の形容詞になる。 参考:shibboleth〜sh音を発音できない外国人
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。