ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  oyster をめぐって

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

oyster をめぐって

前回は、私が高校生の時に使っていた「新々英文解釈研究」の復刻について取り上げたが、久しぶりに再会した懐かしい例文のひとつが He is an oyster of a man. 「彼は牡蠣みたいな(寡黙な)人だ」である。日本語では牡蠣ならぬ「貝」であろうか。 この参考書には、もはや使われなくなった表現が載っているという指摘が当時からあったことも前回書いたが、この文などその一つではないかと思われる。そこで、私が使っている電子辞書であらためて oyster を引いてみた。
「ジーニアス大英和」には「無口な人、口の堅い人」という訳語のあとに<古俗>とある。「新々〜」に対する批判を裏書きするものといえそうだ。 しかし「リーダーズ」を見ると、「きわめて無口な(口の堅い)人、だんまり屋」という訳語に続いて、<口>というラベルがついている。「ジーニアス」と違って、これだと今も使われるようにも受け取れる。 英語圏の辞書はどうか。電子辞書に収録されている Oxford 系の辞書は、いずれも「無口な人」の意味は載せていなかったが、オンラインの辞書には記載しているものが多かった。次のように、slang や informal と書かれている。
- Informal a taciturn person

- uncommunicative person: somebody who does not say much or is secretive ( slang )

- Slang. a closemouthed or uncommunicative person, esp. one who keeps secrets well.
口数は少なくても明るくオープンな雰囲気の人はいるものだが、そうした人に使うにはふさわしくなさそうだという気がしてくる。 それはともかく、私自身はこの表現が実際に使われたのを見聞きしたことはないし、辞書の説明では、賞味期限切れの言い回しなのか、今も普通に使われているのか、どうもよくわからない。詳しい方がいらしたら教えていただけたら幸いである。 さて余談だが、この表現がもう廃れたものであれ、今も通用するものであれ、俗語という表示が辞書にある表現を非ネイティブが適切に使うのはなかなか難しいと思う。 以下、自分のことを棚にあげて書くと、それほど難しくない単語や表現を使って話していた非ネイティブが、突如、スラングやばりばりの口語表現、あるいは逆に、文献に出てくるような難しい書き言葉や言い回しを交ぜることがある。何かで知った語彙や言い回しを実地に使ってみたくなったのだろうが、そこだけ突出して、どうも不自然に感じられるものである。 しかしその一方で、単語や表現というものはとにかく実際に使ってみないと使えるようにはならないだろう。自分のことを振り返ると、かつて仕事で英語をよく使う部署にいた時は、非英語圏の国の人たちを相手にすることが多かった。そもそも私はさまざまな表現が瞬時に頭に浮かぶタイプではないのだが、たとえ「英語らしい表現」を思いついても、非ネイティブの相手に理解されなかったら意味はないと思って自制していたところ、知ってはいるが使えない表現が増える結果となった。 英語を使えるようになるには、大胆さと細心の注意を両立させるよう心がけなくてはいけないということのようで、その辺の兼ね合いが何とも難しい。 余談が過ぎたが、次回も oyster について短く続きを書くことにしたい。  
関連記事
コメント
トラックバック
oyster をめぐって前回は、私が高校生の時に使っていた「新々英文解釈研究」の復刻について取り上げたが、久しぶりに再会した懐かしい例文のひとつが He is an oyster of a man. 「彼は牡蠣みたいな(寡黙な)人だ」である。日本語では牡蠣ならぬ「貝」であろうか。この参考書には、もはや使われなくなった表現が載っているという指摘が当時からあったことも前回書いたが、この文などその一つではないかと思われる。そこで、私が使っている電子辞書であらためて oyster を引いてみた。(後略)
 すっかり記事を書くのが遅くなって、牡蠣のシーズンではなくなってしまいましたが……。 子守男さんが「oysterをめぐって」 の記事の中で、&quot;an oyster of a man&quot;という表現を取り上げたときに、私の頭に思い浮かんだのはシャーロック・ホームズの『四つの署名
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。