ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  ブログの「炎上」 (flame)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの「炎上」 (flame)

先日、ブログに批判的なコメントを集中豪雨的に書き込む行為が摘発された。「炎上」と呼ばれるものだが、この言葉は、ネット社会で使われる場合を除けば、一般にはあくまで「いわゆる」という枕詞なり、カギカッコなりをつけて使われるものと思っていた。

ところが、たまたま少し前の新聞を眺めていたら、次のような記事に気づいた。

バラエティー番組などで活躍した男性タレント(37)のブログが悪意の書き込みで炎上した事件に関連して(以下略)

(「読売新聞」 2月5日)
さらに続報として、
男性タレントのブログが悪意の書き込みで炎上した事件を巡って(以下略)

(同、2月6日)

いずれも記事の最初の部分だが、カギカッコや「いわゆる」という言葉、あるいは「炎上」についての補足的説明はない。字数が限られている見出しも、当然のようにカギカッコはない。

個人的にはちょっと違和感を覚えたが、記者や校閲者はそうは思わなかったらしい。それとも、この新聞はこう表記することで統一すると決めたのだろうか。「炎上」はもちろんのこと、ブログが何かも知らないはずの私の母親など、何かが物理的に燃えたとしか思わないだろう。その一方で、言葉や表記はこうして徐々に認知されていくのだろうか、と思ったりもする。

表記についてはさておき、日本の英字新聞がこの現象をどう表現しているのかちょっと興味を持ち、ネットをのぞいてみた。
- posting hundreds of malicious messages

- relentlessly posting malicious comments on the celebrity's blog

- dozens of people were taking part in the smear campaign

- Online bulletin boards and a blog... were flooded with messages suggesting that...

- As the influence of the Internet spreads, the number of online libel cases is also increasing yearly.

このように説明されている。最後の例にある libel は「侮辱、中傷、名誉毀損」といった意味である。

さらに、flame という単語も複数の英字新聞が使っていた。

- Many bloggers, including well-known TV celebrities, have been flamed recently, and many have shut down their blogs because of the rumors or abusive language.

- The case is an example of "flaming," which refers to personal and/or defamatory attacks by users against others on Internet bulletin boards, chat rooms, Web pages and blogs over the target user's attitude or remarks.

- This case is likely the first crackdown on what is known in Internet parlance as a flame attack, or "enjo" in Japanese

- Some targets have been forced to shut down their blogs after a nasty smear has spread like wildfire--giving rise to the name for this sort of attack: flaming. These online firestorms also are sometimes known in Japanese as "festivals."

- However, celebrities are not the only ones coming under attack--even regular people are being targeted by flamers.

flame とはまさに「炎上」という感じだが、和製英語ではないようで、日本の英字新聞以外にも使っている実例がネットにある。何よりも、辞書で名詞・動詞について次のように定義されている。

- (Computing) (informal) a vitriolic or abusive email or newsgroup posting, typically one sent in quick response to another message.
flames about inexperienced users posting stupid messages
(注・vitriolic 「辛辣な」「硫酸の」)

- (Computing) (informal) send (someone) abusive or vitriolic electronic mail messages, typically in a quick exchange.

- [C] (informal) to send somebody an angry or insulting message by email or on the Internet

- [コンピュータ] フレーム(電子掲示板・Eメールでの感情にまかせた激しい、無礼な表現)

- ののしり(のメール)、フレーム(電子掲示板や電子メールで口ぎたなくののしること[文書])

こうみると、「炎上」は flame から来たのではないか、とも考えたくなる。コンピューター関係の言葉の多くが英語から来ているはずだが、ネット文化について使う言葉もそうなのだとしたら面白い。

ただ、「炎上」は、不特定多数の人がよってたかって集中的に批判するという意味合いが強いのではないかと思うが、flame は定義を見る限り、批判の書き込みについてもっと一般的に使うような印象を受けた。このあたりは私にはよくわからない。「炎上」の由来や意味合いについて詳しい方がいらしたら、教えていただければ幸いである。

関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。