ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  up the ante

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

up the ante

前回 the sixty-four thousand dollar question を取り上げた際に引用した英文に up the ante という表現が出てきた。英文記事などで比喩的に使われているのを目にすることがあるので、ついでに触れてみたい。

前回あげた Oxford Dictionary of Catchphrases の説明を、もう一度書き写してみよう。

The 1950s television version upped the ante a thousandfold, giving rise to the catchphrase 'the sixty-four thousand dollar question'.


かつては64ドルだったクイズ番組の賞金が、ラジオからテレビに番組が移ったら1000倍になったという内容である。ante は「かけ金」「金額」ということだが、この up [raise] the ante という表現は、実際の金額以外についても使われる。

私の学習ノートにメモしてあった実例である。

- The North (北朝鮮) then dramatically upped the ante in the long running showdown by successfully testing a small nuclear bomb last October.
(http://www.time.com/time/world/article/0,8599,1587078,00.html)

- Now Israelis have a right to ask whether Olmert rashly raised the ante by demanding the military destruction of Hezbollah without having any clear and realistic strategy for achieving such an ambitious aim.
(http://www.iht.com/articles/2006/08/20/opinion/edisrael.php)

辞書でこの表現を引くと、「金額の上昇を求める」「価格をつり上げる」「かけ金などを増やす」などの他に、「要求のレベルを上げる」「さらに大きなかけに出る」といった訳が書かれている。

オンライン辞書の説明である。

-1. to increase the amount of money required to do something 2. to demand more in a situation, especially in an extortionate way
(Encarta World English Dictionary)

- to increase your demands or to increase the risks in a situation, in order to achieve a better result
The ante is an amount of money that must be paid in card games before each part of the game can continue.
The government has upped the ante by refusing to negotiate until a ceasefire has been agreed.
(Cambridge International Dictionary of Idioms)

ante は before を意味するラテン語に由来し、「事前に出すもの」が原義、と「ジーニアス英和大辞典」にある。ここから「かけ金」といった意味が出てきたのだろう。

[関連]
$64 question (数にちなむ表現)
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。