ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  lapel-grabbing

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

lapel-grabbing

遅ればせながらアメリカ大統領選挙のついての記事をいくつか読んでみた。今回はそのうちのひとつ、「ニューズウィーク」誌の英文で目にとまった to grab lapels という表現から話を進めてみたい。 ちょっと長いが引用しよう。
A man with a vivid literary and historical imagination, Obama is something of a dreamer, if a down-to-earth one. As a senator, he saw things that are not there, but once were. "Sometimes, standing there in the chamber, I can imagine Paul Douglas or Hubert Humphrey at one of these desks, urging yet again the adoption of civil-rights legislation; or Joe McCarthy, a few desks over, thumbing through lists, preparing to name names; or LBJ prowling the aisles, grabbing lapels and gathering votes. (以下略)
( http://www.newsweek.com/id/167598 )
LBJ は最近は知らない人も増えているかと思うが、米国第36代の大統領になったジョンソン(Lyndon Baines Johnson)のこと。prowling the aisles からは「廊下とんび」という日本語を連想したが、同じような意味とまでいえるかどうかはわからない。 そして grabbing lapels だが、物理的に誰かの襟をひっつかんで賛成票集めをして回ったということだろうか。しかしその一方で、一種のイディオムではないかという気もした。 そこで手元にある辞書で lapel を引いてみたが、英英辞典を含めて、こうした表現はどれにも載っていない。しかし、その次に lapel-grabber という単語を載せている英和辞典があるのに気づいた。
<米俗>(人の注意を引くために)えりの折り返しをつかむ人
(ジーニアス英和大辞典)
これだと、物理的につかまないといけないようだが、
<俗>襟をつかんで[ひっつかむようにして]人の注意を引く人;人の注意を[気持]をひきつけずにおかないもの
(リーダーズ)
この説明に従えば、比喩的にも使えるのではないか。 そして、lapel-grabber があるのだから、lapel-grabbing もありではないかと思えてくる。google を検索すると、そう多くないが確かにあることはあった。実のところ、辞書に載っている lapel-grabber より、そうでない lapel-grabbing の方が単純なヒット数は多かった。 次はオンライン雑誌にあった例で、書き方がちょっと辞書の定義に似ている。
"Lapel-grabbing" is the natural instinct of libertarians to grab people by the collar and start telling them all about these ideas that excite us so much. But instead of exciting people, this sends them running.
( http://www.theadvocates.org/liberator/vol-02-num-01.htm )
「襟を無理矢理つかむ」感じだが、もっと好ましい印象を指す例として、あるオンラインショップにあったのは、
From bestselling author James Grippando comes the newest Jack Swyteck thriller, in a series that critics have called "riveting," "a winner," and "lapel grabbing."
( http://www.audiobookstand.com/productsbynarrator.asp?NarratorId=20264&recnum=0 )
「ニューズウィーク」にあった grab lapels だが、この形で検索すると、物理的に襟をつかんだことを表している例が目につく。そうでない使い方も仔細に見ていけば出てくるのではないかと思うが、今はそれをする時間も気力もない。 以上、今回の一連の表現は、見た範囲では英語のオンライン辞書にも記述が見つからず、もっと調べなくては確たることはいえないが、メモとしてとりあえず書いてみた。さらなる情報や誤りの指摘など、詳しいことをご存知の方がいらっしゃたら教えていただければ幸いである。 [今回の単語] grab lapels, lapel-grabbing, lapel-grabber
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。