ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  コップの中の嵐 (tempest in a teapot)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コップの中の嵐 (tempest in a teapot)

前回取り上げた、「騒ぎ」を意味する brouhaha からの連想で、tempest in a teapot という表現について短く書きとめておきたい。文字通り「コップの中の嵐」とか「から騒ぎ」ということである。teacup でもよく、イギリスでは tempest の代わりに storm を使うようだ。 英英辞典の説明を抜き書きしてみよう。
- a situation where people get very angry or worried about something that is not important
The whole affair is just a tempest in a teapot. In a couple of months everyone will have forgotten about it.
[not used with the]

- (plural tempests in teapots)
(idiomatic) A major fuss over a trivial matter.
The media frenzy over the actor's drunken behavior was a tempest in a teapot.

- A tempest in a teapot is something of no importance that causes a great deal of excitement:
It seemed like an innocent remark, but it set off a tempest in a teapot.
World Wide Words というサイトによると、tempest in a teapot は少なくとも1838年までさかのぼれるということだが、そもそもの由来についてはっきりとしたことは書かれていない。 http://www.worldwidewords.org/qa/qa-tem1.htm 一方 Wikipedia も1838年の用例を載せているが、こちらは古代ローマのキケロ Cicero が使ったというラテン語に触れている。"billows in a ladle" という意味だそうで、billow は「大波」、ladle は「ひしゃく」。単語は違うが、これが今回の英語表現につながっていったということか。 http://en.wikipedia.org/wiki/Tempest_in_a_teapot また、日本語の「コップの中の嵐」も、この表現(あるいは他の外国語の類似表現)に由来するのだろうか。ネットで検索したら、やはりそうした見方を示している記事があったが、そこであげられていた英語の例は1838年よりあとのものだった。いずれにせよ、はっきりとしたことはわからなかった。 ところで、今回この表現を取り上げたのは brouhaha からの連想だと書いたが、すぐに頭に浮かんだわけではない。まず「騒ぎ」のつながりでシェイクスピアの「から騒ぎ」(または「むだ騒ぎ」) Much Ado About Nothing を思い浮かべ、ついでシェイクスピアの関連で「あらし」(または「テンペスト」) The Tempest を連想し、そういえば tempest in a teapot という言い回しがあったな、と思い出した次第だ。 私は極力連想をたくましくして英語学習の足しにしようとしているが、別に関連表現や単語がぱっぱっと頭に浮かぶわけではない。もう少し頭の回転が早かったら英語の上達も早いだろうに、といつも悔しく思っている。 ついでに ado からの連想だが、without further [more] ado という表現がある。辞書に「あとは苦もなく」「無造作に」といった訳もあるが、私が実際に見聞きしたのは、前置きのあと本題に入る時などに「すぐさま」「さっさと」として使われた例だ。 ado (trouble or difficulty; fuss, esp. about something that is unimportant) から考えると、「ぐだぐだ言わず」というような言葉も頭に浮かぶ。しかしOALDはこの表現に old-fashioned という注をつけていて、この日本語のようなくだけた感じで使うものではないらしい。
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。