ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  brouhaha

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

brouhaha

少し前に取り上げた funny ha-ha の音からの連想で、意味上の関係はまったくないが、brouhaha という単語について短く書いてみたい。 「大騒ぎ」「喧騒」「騒音」といったような訳が辞書には載っているが、英英辞典の定義を見れば、より詳しいニュアンスがつかめると思う。なお強勢は -ou-、あるいは最初の -a- のところに置かれる。
- a noisy and overexcited critical response, display of interest, or trail of publicity
the brouhaha over those infamous commercials
all that election brouhaha

- a lot of noise or angry complaining about something:
the brouhaha over his latest film

- a stir; a fuss or uproar.
It caused quite a brouhaha when the school suspended one of its top students for refusing to adhere to the dress code.
面白い響きの単語だが、フランス語に由来するという。Online Etymology Dictionary の説明である。
1890, from Fr. brouhaha (1552), said to have been, in medieval theater, "the cry of the devil disguised as clergy." Perhaps from Heb. barukh habba' "blessed be the one who comes," used on public occasions.
(http://www.etymonline.com/index.php?term=brouhaha)
ヘブライ語が関係あるとして、なぜ「騒ぎ」という意味になるのはよくわからないが、語源の点では記述に乏しい「ジーニアス英和大辞典」(電子辞書版)が、この単語については brukh habba について記載したうえで「ユダヤ会堂で繰り返し唱えられたため」と書いている。 ところで、オンラインの英英辞典でこの単語の説明を見ていると、同義語として、正統的(?)な commotion のほか、hullabaloo, hubbub, kerfuffle, ruckus といった語があげられている。どれも見慣れないが、響きが面白いと感じられる点で共通している。日本語でも「ごたごた」「がやがや」と表現するので、異なる言語でも、特徴ある音をあてる点で似通った発想をするのだろうか。 [参考] ・funny ha-ha, funny peculiar
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。