ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  ポテイトウとポタートウ (Let's Call the Whole Thing Off)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポテイトウとポタートウ (Let's Call the Whole Thing Off)

Mr. Top Hat

Mr. Top Hat

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Verve
  • 発売日: 2003/03/25
  • メディア: CD
映画「パリの恋人」でオードリー・ヘップバーンと共演したフレッド・アステアについて、英語との関連で私が連想するのは "Let's Call the Whole Thing Off" という歌である。中学生か高校生の時に聞いたラジオ番組で、同じ単語でも発音が違う場合がある例として取り上げられていた。 アステアと Ginger Rogers のコンビが、ミュージカル映画「踊らん哉」 Shall We Dance (1937年) の中で歌ったもので、作曲はかのガーシュウィン George Gershwin である。アステアは後にこの曲をソロで録音した(私がラジオで初めて聞いたのはこちらの方だった)。
歌詞そのものは、まあ他愛のないコミカルなラブソングだが、英語の面で何が面白いかというと、either, potato, tomato, pajama といった単語が、発音の異なる形で歌いわけられていることだ。 私はアステアのソロ録音をCDで持っているが、その歌詞カードでは、こうした単語がすべて通常のスペリングで書かれている。これでは、この歌の面白さが伝わらないのではないか。 幸いネットで、発音に準じた表記にして違いを表している歌詞を見つけることができるが、次のようになっている。感じがつかめていただけるであろうか。 eether - eyether potayto - potahto tomayto - tomahto pajamas - pajahmas こういった発音の異形 variant は辞書を見れば出ているが、このうち唯一「あれ?」と思うのが potato である。手持ちの辞書を見る限り、どれも -a- の発音としては /ei/ しか出ていない。イギリスで使われているのではないかと考えて、以前イギリス人に尋ねたことがあるが、彼も /ei/ 以外の発音は聞いたことがないということだった。 今回、あらためてどうなのかと思って、ためしに Wikipedia を見ると、この歌は項目として立ってはいるものの、発音については大した説明がない。 しかし思いついて potato の項を見たら、この歌に言及があり、次のような記述を見つけた。
While the song makes fun of different (and valid) regional pronunciations of English, the line "You say potayto, I say potahto" is in fact a joke, as the latter pronunciation is not used.
http://en.wikipedia.org/wiki/Potato_(word)
余談だが、この歌は映画での歌詞とアステアのアルバムで歌われている歌詞とがなぜか微妙に違っている。作詞はどちらもガーシュウィンの姉のアイラ Ira Gershwin だが、どういったいきさつがあったのだろうか。 今だったら「シャル・ウィ・ダンス」という邦題がつけられたであろう「踊らん哉」は、大名作とまではいえないと思うが、踊りに詳しくない私もアステアとジンジャー・ロジャーズの息のあったダンスシーンにはやはり見入ってしまう。"Let's Call the Whole Thing Off" は、2人がローラースケートをしながら軽快に歌うのだが、見ていて大変愉しいシーンである。 一方、映画の20年ほど後に録音されたアステアのソロ版は、テンポをゆったりと取ってより低音をきかせ、大人の雰囲気を強く感じさせる編曲になっている。映画とはがらりと違って聞えるが、こちらも大変印象深い。この曲を収めた "Mr. Top Hat" というアルバムには、「パリの恋人」でも使われた「ス・ワンダフル」 'S Wonderful といった名曲も収録されている。 たやすく手に入る録音で、映画のオリジナルと同じような軽快さを感じさせるのが、サッチモことルイ・アームストロングとエラ・フィッツジェラルドによるもので、聞いていてこれまた大変愉しめる。
踊らん哉 [DVD]

踊らん哉 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アイ・ヴィ・シー
  • メディア: DVD
エラ・アンド・ルイ・シング・ガーシュウィン

エラ・アンド・ルイ・シング・ガーシュウィン

  • アーティスト: ラッセル・ガルシア・オーケストラ,ネルソン・リドル・オーケストラ,オスカー・ピーターソン,ハーブ・エリス,レイ・ブラウン,ルイ・ベルソン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2007/02/21
  • メディア: CD
[参考] 「注意したい発音」一覧
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
' readonly="readOnly" />
このエントリーの固定リンク
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。