ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  funny ha-ha, funny peculiar

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

funny ha-ha, funny peculiar

パリの恋人 [DVD]

パリの恋人 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ジャパン
  • メディア: DVD
衛星放送などからビデオデッキに撮り溜めている映画のうち、オードリー・ヘップバーンとフレッド・アステアが共演している「パリの恋人」を観た。原題は "Funny Face" である。そこで funny について連想したことをちょっと書いてみたい。
この作品はミュージカル映画だが、タイトルと同じ名前のナンバーがあり、
- I love your funny face. Your sunny, funny face. For you're a cutie, with more than beautie. You've got a lot of personality. (中略) I love your funny face. Your sunny, funny face. You're not exotic, but so hypnotic.
と歌われる。ここでの funny face は、本当に「ヘンな顔」というわけではなく、個性的な容貌を親しみをこめて呼んでいるのだろう。以前書いたことがある "My Funny Valentine" も連想する。make funny faces とすれば、「おどけた顔をする」といったところか。 もうひとつ、face を離れて頭に浮かぶのが funny ha-hafunny peculiar という言い回しである。ネイティブにとっても、異なる2つの意味のどちらなのか、わかりづらいことがあるらしい。 辞書には次のような説明がある。ちなみに ha-ha は後ろの ha に強勢がつけられている。
- used when someone has described a person as 'funny' and you want to know whether they mean 'amusing', ('ha-ha'), or 'strange' ('peculiar'):
"She's a very funny woman." "Funny ha-ha or funny peculiar?"

- ORIGIN coined by Ian Hay in his novel Housemaster (1936)
Wiktionary にはいろいろな実例の引用が載っていた。 http://en.wiktionary.org/wiki/funny_ha-ha 私は実際に使われたのを何かで聞いて覚えたのだが、ある辞書には、アメリカ英語だと funny peculiar ではなく funny weird [strange] というと書かれている。してみると私が聞いた話者はイギリス人だったのだろうか。 私が持っている中辞典レベルの英和辞典のうち、この表現を収めているのは「レクシス」で、funny の項に (Do you mean) funny peculiar or funny ha-ha? という文を載せたうえで、「『結構』って[いい]ってこと、[いらない]ってこと、と尋ねるような質問に相当する」という説明をつけている。 「結構」をひきあいにしてもそれこそ結構だが、考えてみれば「おかしな」も funny と同じで、「思わず笑いたくなる、こっけいである」のほか「普通と違う、変わっている」という意味がある。そういえば以前、やはり紛らわしい2つの意味を持つ deceptively という単語を取り上げた際、日本語の「適当」のようなものだろうか、と書いたことがあった。こうした単語に触れるたびに、言葉の面白さを実感する。 "Funny Face" は、オードリー・ヘップバーンの主演作の中で大傑作といえるかどうかはわからないが、あのフレッド・アステアも出演していて、文句なしに楽しめるミュージカル映画だと思う。英語もわかりやすい。 次回も、この映画にからんで書くことにしたい。
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。