ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  充実の「アンカーコズミカ英和辞典」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

充実の「アンカーコズミカ英和辞典」

アンカーコズミカ英和辞典

アンカーコズミカ英和辞典

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 単行本
今年1月に出た新しい辞書である。この週末に購入したが、すばらしい内容だと思った。これまで何回か、辞書で気づいた不適切と思える訳語や説明を私は取りあげてきたが、この辞典を見ると、そのいくつかについて納得のいく記述が書かれていた。さらに、他の辞書にないような斬新な説明や工夫も見られる。
きっかけは、書店で何気なくこの辞書を手にして、先日取り上げた dead heat を試しに引いてみたことだった。繰り返しになるが、dead heat は「デッドヒート」ではないとしばしば参考書や辞書に書かれている。しかし実際には、比喩的に日本語と同じ意味で使われることがあるようだ、ということを書いた。この「アンカーコズミカ」には、
最近では「大接戦、デッドヒート」の意でも用いられる.
とはっきりと書かれていた。 続いて同じ d- ということで、これも以前書いた demonize を引いてみた。「悪霊のようにする」「悪魔化する」といった訳語を載せているものばかりだが不適切ではないか、という文句を書いたのだが、この辞書には、そうした「悪魔」のたぐいの言葉は一切使わず、
〜を悪者扱いする、危険視する、〜の悪い評判を立てる
と、こなれた訳語を載せていた。 さらにページを繰ると、ブッシュ大統領のあだ名である Dubya とか、対テロ戦争で使われるようになった IED のように、学習英和辞典としては時事的な新語をかなり収めている。まあ、これは新しい辞書として予想ができる特色だが、それだけではなかった。こうした訳語や新語のほか、読んで楽しく、知って役に立つ情報や説明がいろいろと記載されていることがわかった。 最近は多くの辞書がこうした情報を盛り込んでいることは知っているが、私は英語で飯を食っているわけではなく、そのたびに面白いと購入していてはきりがないし、懐具合も寂しくなる。しかも今はネットでいろいろ調べることができる。そんなわけで新しい紙の辞書はこのところ購入したことがないが、この「アンカーコズミカ」は持っていて損はなさそうだし、以前書いたような「トイレで読む辞書」としても使えそうだ。そう考えて、レジに持っていった。 家に帰って少しじっくり目を通すと、書店での印象通り、あちこちに納得のいく語義や説明が書かれていることに気づいた。私が過去に取り上げた例をさらにひきあいするのをお許しいただきたいが、first generation は単純に「一世」と訳してはまずいことがあると書いたことがある。この辞書は
1.(外国から帰化した)一世 2.(移民の一世の子である)二世
という違いをしっかりと記していた。 また以前 incapacitated について、動詞 incapacitate の「能力・健康・資格を奪う」といった訳語から考えると誤解する場合がある、と書いたが、この辞書は見出し語として、
[遠まわしに](忙しくて)手が離せない
という訳語を載せている。 さらにネットでもお目にかかる spoiler については、
(小説や映画などの)ネタをばらすこと、ネタバレ
と、私としてはすでに定着しつつあると考える言葉を採用していた。この訳語を載せている辞書が見当たらなかったことに不満を感じると以前書いたことがある。 またこの「アンカーコズミカ」は、語法や類語についての記述が豊富だ。それは他の辞書にも見られる特徴だが、さらに目を引くのは、文化的背景にからめた解説や日本文化との比較が充実していることである。これについては、「まえがき」で「言葉と文化の不可分性を追究した」という内容のことが書かれており、編集方針として意図したものであることがわかった。 かつて英語を使う部署にいた時には非ネイティブスピーカーを相手にすることがほとんどで、英米文化にとらわれない、いわゆる「国際語としての英語」の有用性を肌で感じていた。その一方で、例えばネイティブが書いたものを読む時には、英米文化についてよりよく知っていればいっそう深く味わうことができる、という経験もしている。確かに「英語は国際語」だろうが、実用性は別として、そうした知識を深めることを否定するつもりはない。知の地平線を広げることはそれ自体楽しいものである。 ということで、この面で目にとまった記述を少し紹介してみたい。event の項を見ると、配偶者を行事に同伴するかどうかをめぐる文化的違いについて説明がある。sin には、訳語からは受け取りにくいこの単語の持つ重みについて記述されている。また、sincerity では「誠実」との違いについて記述し、
日本人の「誠実」が英米人には不誠実・偽善などと思われることがあるし、逆に英米人の sincerity が日本人にはごう慢・あからさま・無愛想などと思われることがある.
と結んでいる。英語と日本語を1対1対応のように結びつけてとらえることの危うさに気づくことになる。 さらに例をあげよう。wind という何の変哲もない単語には、次のような用例と説明があった。
a west wind 西風(イギリスでは西から吹く風で、歓迎される) an east wind 東風(イギリスでは大陸から吹き渡る冷たい風で、嫌われる)
これを目にしてすぐに連想したのは、私の好きなコナン・ドイルのシャーロック・ホームズもののひとつで、第1次大戦前夜を描いた「最後のあいさつ」 His Last Bow である。この作品では最後でホームズが相棒に「東風が吹いてきたね、ワトソン」 "There's an east wind coming, Watson." と語りかけるのだが、wind が持つこうした文化的背景とつながりがあるのは間違いないだろう。 ちなみにこの単語には、「The wind is blowing hard. は文語的で、It is blowing hard も日常的ではなく、普通 It's windy. という」といった内容の記述もあった。 続いて rain からの連想で rainbow を見たら、
キリスト教では神の許しの象徴.外側から red, orange, yellow (中略)と7色とみなされることが多いが、indigo を blue に含めて6色とみなされることもある. 最近では、さまざまな人種の協調の意味で rainbow を用いることがある.
として、rainbow coalition という例をあげていた。 自己表現に役立つ工夫もある。「和英のツボ」という囲みがあり、例えば appeal には日本語の「アピールする」、challenge には「チャレンジする」として、果たしてこうした英単語がそのまま使えるのかについて説明されている。 本編以外では、巻末に「appleは『りんご』か―英語と日本語のモノのとらえ方」という解説がついている。冠詞や数の概念などについてかなりのページを割いて説明していて、読みごたえがあった。 また細かいことだが、「言葉と文化の不可分性を追究する」一方で、表紙見返しに世界地図を載せているのは好ましいことだと感じた。英和辞典といえば、掲げているのは北米や英国など英語圏の地図ばかりというのがこれまでの相場だったのではないか。 以上、ずいぶんと長文になり、また引用が多くなってしまったが、それだけこの辞書に感心したということでご容赦願いたい。なお、私はこの辞書の関係者や出版社とは一切関わりがないことを書き添えておく。 参考:辞書に載っていない表現・辞書の不満点 この単語の意外な意味 トイレで辞書を読む
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。