ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  Mylar とは何か(続・紙ジャケット)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mylar とは何か(続・紙ジャケット)

「紙ジャケット」が英語でどう表現されているかについて前回調べてみたが、逆に、この日本語から考えられる英語は実際に使われているのかどうかが気になり、検索してみた。
まず直訳風の paper jacket は、ヒットはあるものの、日本人によるサイトが多いという印象だ。英語圏のものもないわけではないし、また日本人の英文であってもネイティブスピーカーのチェックを受けているかもしれないが、それほど使われている言い方ではないという印象を受ける。 次に paper sleeve で検索すると、ネイティブのサイトでも相当ヒットしたが、日本風の「紙ジャケ」を指す例がある一方で、ジャケットではなく、紙でできたCD保存袋にも使われている。 ちなみに、次のサイトにはいろいろなパッケージの写真を見ると、「紙ジャケ」風のパッケージには、前回あげた cardboard sleeve が使われている。 http://www.crystalclearcds.com/packaging/browse.php?style=papercardboardsleeves さて、こうしたサイトの製品をみていたら、Mylar window ということばが目にとまった。写真の円い window のところに使われている透明なシートの部分について使われている。これは、実は前回あげた http://www.proactionmedia.com/proddetail.asp?prod=P4001TY の説明にも出てきていたものだが、調べてみるとこの Mylar、帝人デュポン社のフィルムシートの一種である。前回の Tyvek のように、知っている人にとってはこれだけで通用する言葉ではないかと思う。こんな説明が見つかった。
Mylar is often used to generically refer to polyester film or plastic sheet. However, it is a registered trademark owned by Dupont Tejjin Films for a specific family of plastic sheet products made from the resin Polyethylene Terephthalate (PET). The true generic term for this material is Polyester Film or Plastic Sheet.
( http://www.grafixplastics.com/mylar_what.asp )
こうした固有名詞や新しいことばは、アメリカなどにいれば普通にお目にかかるのだろうが、日本に暮らしていると何のことやらわからない。以前は困ったものだったが、今はインターネットやテレビドラマのDVDなどのおかげで、何のことなのか容易に知ることができるようになったのがありがたい。
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。