ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  「1984」(ヴァン・ヘイレン)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1984」(ヴァン・ヘイレン)

1984(紙ジャケ)

1984(紙ジャケ)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Music Japan =music=
  • 発売日: 2008/04/23
  • メディア: CD
前回、ジョージ・オーウェルについて書いていたら、ヴァン・ヘイレン Van Halen の「1984」を連想したのでCD店に行ってみた。するとこのアルバムが紙ジャケットで再リリースされていたので、思わず買ってしまった。私が大学生の時にヒットしたもので、あれからもう二十数年も経ってしまったわけだ。
アルバムタイトルになっている最初の「1984」は、オーウェル的世界を思わせなくもない近未来的な雰囲気があるが、続く名曲「ジャンプ」 Jump から一転、元気で脳天気ともいえる曲が続く。タバコを吸ってバツの悪そうな顔をしている天使を描いたジャケットも秀逸だ。 今はもっぱらジャズやクラシックを聞くようになった私だが、当時は和洋ともポピュラー音楽ばかりだった(和といえば、J-POPという言葉もまだなかった)。とはいえハードロック・ヘビメタ系は好みではなかったが、このアルバムはそれほどうるさいとは思わなかったのは、エディ・ヴァン・ヘイレンのギターとデヴィッド・リー・ロスのボーカルの良さによるところも大きいのだろう、と考えたりする。 英語についていえば、「ジャンプ」に出てくる jump という単語の前に何と言っているのかわからず、歌詞を見て might as well だと知って驚いたものだった。こうした音楽ではままあることではあるが。
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。