ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  クリントンの「不適切な関係」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリントンの「不適切な関係」

前回書いたレーガン大統領に比べて、クリントン大統領の英語は少しわかりにくかった。南部なまりがきついとは感じなかったが、結構早口である。若い頃から弁が立ったといわれるが、それにしてはなぜか印象に残った演説がない。例外が、自分の不倫を認めたテレビ演説で、「不適切な関係」は流行語にもなった。
私は当日のテレビで同時通訳を通じてこの演説を聞いたが、その後ずっと、クリントンがホワイトハウスの研修生との関係を "inappropriate" と言ったと思い込んでいた。そして、この単語を見出しや本文で使っている英文記事も随分と目にした。 ところが、クリントンは実際にはこうした言い方はしていなかった。
Indeed, I did have a relationship with Ms. Lewinsky that was not appropriate. In fact, it was wrong.
( http://www.historyplace.com/speeches/clinton.htm )
つまり、正確には "not appropriate" と言ったわけである。なんだ、では inappropriate と同じではないか、と思われるかもしれない。しかし、どうもそうでもないらしいことを知ったのは、「日本人の英語」で知られるマーク・ピーターセン氏の著書「英語の壁」を読んだ時であった。 この本には、「不適切」演説で使われたレトリックの巧妙さを分析した項があり、なかなか読み応えがある。そして、くだんの言葉については、次のように書かれていた。
英語では "inappropriate" (不適切な)と比べると、クリントンが実際に選んだ言い方の "not appropriate" (適切ではない)の方が、その「関係」に対する批判の「積極性」が微妙に薄い。結果として、「罪」自体もやや軽いような印象を与える言い方である。
「不適切」が inappropriate ではなかったということにとどまらず、そうなのかと感心した。このへんのニュアンスは、ネイティブスピーカーに教えてもらわなくては、凡人の学習者にはなかなかつかめないものだろう。 ただ一方で、inappropriate を使っていた記事もずいぶんあることを思い出し、ネイティブだからといって皆こうした受け取り方をするとは限らないのではないか、という気もした。ピーターセン氏は文学者なので、言葉について研ぎ澄まされた感覚を持ち、話者の意図を推し量ることができる人なのだろう。言語感覚が鋭さに個人差があるのは、洋の東西を問わないのではないか。 さてクリントンといえば、他に私の記憶に残っている言葉としては、やはり不倫疑惑にからんだ "I have sinned." くらいしか思い浮かばない。先にあげたスピーチ集のサイトでも、クリントンの演説で収録しているのはこの2つで、名誉なこととはいえまい。「私は罪を犯した」演説はこちらである。 http://www.historyplace.com/speeches/clinton-sin.htm クリントンは大統領の座を失いかけ、また "Slick Willie" などというあだ名もつけられながら、在任中は一定の人気を保ち続けていたのが不思議である。ピーターセン氏も本の中で書いているように、類まれな話術の持ち主であり、さらにはある種の魅力と強運をも持っていたのだろう。 今回の大統領選挙でも、初めの頃はヒラリーと並んでかなり前面に出ていたが、かえって逆効果だったとの見方もあるのは、大統領時代の人気が今も続いているという過信があったのか。その後はあまり前に出ないように戦術を変えたようだが、結局は流れを変えることはできなかった。 クリントン関連の過去の記事: Artful Dodger と Slick Willie Billary Clinton It's the economy, stupid! 続・horse にちなんだ表現
英語の壁   文春新書 326

英語の壁 文春新書 326

  • 作者: マーク・ピーターセン
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2003/07/19
  • メディア: 新書
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。