ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  presumptive nominee とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

presumptive nominee とは

外国語を学んでいて難しい(と同時に面白い)のは、ある言語で一語で済んでしまう事柄が、別の言語ではいくつかの言葉を使わないと的確に表現できない場合があることだ(そして、その逆もありうる)。そこで連想したのが、アメリカ大統領選挙の英文記事で時おり目にする presumptive という形容詞である。 私が最近読んだ記事から抜き書きしてみよう。
- On the morning after the last Democratic primaries, Illinois Sen. Barack Obama heard himself introduced as the party's "presumptive" presidential nominee.
(http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=91153531&ft=1&f=1003)

- Mr Obama is expected to face the Republican presumptive nominee, John McCain, in November's presidential election.
(http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/7442302.stm)
マケイン、オバマ両候補とも、それぞれの政党内でのレースは勝ち抜いたが、党大会で指名を受けるまでは、正式な nominee とはいえない、ということなのだろう。そこでこの単語が登場する。 英和辞典には、例えば
- 仮定の、推定に基づく
- 信ずるに足る、ありそうな
といった訳語が載っている。また例として heir presumptive があげられていて、日本語の「推定相続人」は法律用語として決まっているようだ。しかし、先の実例を日本語に訳す場合に、「仮定の」「推定の」などでは自然とはいえまい。日本の記事を見ると、「指名が確定したオバマ候補」などと書かれていて、これに相当するといえるだろう。 英英辞典の説明として、Encarta をあげてみよう。
1. probable: based on what is thought most likely or reasonable ( formal )
2. causing people to presume something: forming a reasonable basis for the acceptance that something exists or is true ( formal )
3. expected to become something: expected or thought likely to become something ( archaic or formal )
しかし、ネットの英語辞典の中で説明が特に充実していると思ったのは、 http://vocabulary-vocabulary.com/dictionary/presumptive.php であった。例文の部分だけ引用しよう。
Since the Senator is so far ahead in the polls, he is the presumptive nominee for President. (apparent, presumed)

Although the attorney presented mainly circumstantial evidence, the jury believed it presumptive that the defendant was guilty. (likely, probable)

The Prime Minister is so far ahead in the polls, he is the presumptive winner. (likely, apparent)
今回の presumptive (nominee) には、専門用語として一語を使った定訳があるのかもしれないが、英和辞典の訳語でこの単語を覚えただけでは、「指名が確定したオバマ候補」を表すのにこうした言い方を思いつくのはちょっと難しいのではないだろうか。そこで、こんなところに外国語を学ぶ難しさと面白さがあると考えるわけである。
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。