ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  「リーダーズ・プラス」は「新解さん」か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リーダーズ・プラス」は「新解さん」か?

smooth operator という表現のからみで前回触れたシャーデー Sade という歌手に関連して、研究社の「リーダーズ・プラス」について書いてみたい。この辞書、「リーダーズ英和辞典」を補うために編まれたものと理解しているが、分野によっては、ときに本編も顔負けの充実した説明が出ていて驚くことがある。 Sade を引用してみよう。
シャーデー(1958- ) ナイジェリア生まれの英国の女性ポップシンガー;母は英国人、父はナイジェリア人で本名Helen Folasade Adu;抜群のプロポーションを誇るエキゾチックな風貌の美人歌手で、ジャズ風のクールなヴォーカルとジャズファンクサウンドで人気が高い;英国の黒人シンガーとしては最も成功したシンガー;バックバンドもSadeとよばれる;シングルヒット曲 'Smooth Operator' (1984);アルバム Diamond Life (1984), Love Deluxe (1992)
個人が編んだ辞典や、音楽辞典ならともかく、一般の英和辞典にはないような長さと詳しさで、書き写すのが疲れるほどである。のみならず、やや主観的ともいえる記述が面白い。 一方で、一般的な知名度ではシャーデーと比較にならないほど高いはずの the Beatles は本編の「リーダーズ」の方に載っているが、記述はいたってシンプルである。
[the〜] ビートルズ 英国のロックグループ(1962-70);メンバーはJohn Lennon, Paul McCartney, George Harrison, Ringo Starrの4人で全員Liverpool出身
こうした”逆転現象”は、他にも見られる。例えば、映画で「アレン」といえば、ウディ・アレンを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。その彼も、「リーダーズ」では Allen の項の中で、「Woody Allen (1935- ) 米国の劇作家・演出家・俳優・映画監督;本名Allen Stewart Konigsberg」と短く扱われているにすぎない。 映画制作者の「アレン」としては、もうひとり、アーウィン・アレン Irwin Allen というプロデューサー・監督がいる。SFやパニックもののテレビドラマや映画をつくった人で、「ポセイドン・アドベンチャー」「タワーリング・インフェルノ」などで知られる。Woody Allen ほど知名度が高くないということか、「リーダーズ・プラス」で扱われているが、記述の量はやはりずっと多く、充実している。 2つの辞書が共通して取り上げている言葉もある。これまで私も何回か取り上げている Star Trek というテレビドラマ・映画は、「リーダーズ」だけでなく「リーダーズ・プラス」にも載っている。 後者の方がずっと詳しいのは予想した通りだが、そもそもなぜ「リーダーズ」にある項目を「プラス」で再度わざわざ取り上げたのだろうか。その分のスペースを別の項目にあてることもできたはずなのに、と編集陣の意図を想像するのも愉しい。 一般の辞書で個性的な記述で知られるものとしては、三省堂の「新明解国語辞典」があげられるだろう。「新解さん」という愛称をつけ、その面白さについて書いた本すらあるほどだ。この「リーダーズ・プラス」も、「新解さん」的な要素のある、「読める辞書」なのだろうか。 私が使っている「プラス」は電子辞書に収められたもので一覧性に乏しく、そのへんのところがわかりにくい。ここはぜひ、冊子版を手に取り、拾い読みをして調べてみたいところだ。ところが残念なことに、この辞書が面白そうだと気づいてこのかた、店頭で目にしたことがない。古本屋に行った時にも気をつけているのだが、まだお目にかかっていない。 すでに電子辞書で持っているうえ高価なので、確かめずに注文して取り寄せるほどの勇気も懐具合も持ち合わせていない。分厚い本が家の中にさらに増えたら、家人がどんな顔をするか想像すると恐ろしい。見つけて興味をひかれたら、それはそれで悩ましいことだろう。
リーダーズ・プラス

リーダーズ・プラス

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 研究社
  • 発売日: 2000/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
関連記事
コメント
トラックバック
『リーダーズ英和辞典』と『リーダーズ・プラス』がほとんど小百科的な情報量を持ち、映画についても、かなり詳細な情報を記載していることは以前にも述べた。 http://ameblo.jp/prisoner-number-six/entry-10105081865.htmlhttp://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_
研究社から出ている英和辞典.収録語数は27万語と大辞典に匹敵.片手で持てる辞書なので,大辞典のように引くのが億劫になるということはない...
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。