ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  追悼 アーサー・C・クラーク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼 アーサー・C・クラーク

2001: A Space Odyssey

2001: A Space Odyssey

  • 作者: Arthur C. Clarke
  • 出版社/メーカー: Roc
  • 発売日: 2000/09/12
  • メディア: マスマーケット
少し前に取り上げた「幼年期の終わり」の作者アーサー・C・クラーク Arthur C. Clarke が亡くなった。私にとって、子供の頃からその作品を読んできて、いくつかは原書を手に取り、英語に親しむ上でも助けになったSF作家である。
どの作品も、舞台は基本的に現在あるいは近未来の地球で、荒唐無稽な設定はほとんどない。特にSFに興味がない人でも、すんなり入り込めるのではないだろうか。そうした設定でありながら、読んでいるうちに、地球外文明との接触や人類の将来がスケール豊かに描かれていく。それがクラーク作品の大きな特徴だったと思う。 クラークといえば、一般にはやはり映画「2001年宇宙の旅」の原案をスタンリー・キューブリック監督と共同で作り上げたことで知られるだろう。私も高校生の時に小説版である 2001: A Space Odyssey のペーパーバックを手に入れ、わからないままに目を通した。 続いて原文で読んだのは、Rescue Party (邦題「太陽系最後の日」)という処女短編で、大学生の時だったが、英語を一気に読み終えたという経験を初めて味わった作品のひとつだ。以下で全文が読める。 http://www.webscription.net/chapters/0743498747/0743498747___1.htm そして先日書いた Childhood's End は、最初に翻訳で読んだ時、ある種茫然となった作品だが、社会人になって原書で読んだ時も、同じような気持ちを味わうことができたので、少しは英語がわかるようになったかな、と思わせてくれた。今はさらにもう少し英語がわかるようになったが、一方で感性は磨り減ってしまったので、もうそうした気持ちになることはできそうにない。 享年90歳、近年は他人との共著の形が多くなったが、ずっと旺盛な創作力を保ち続けた。そうした近作は読んでいないが、死去のニュースはやはり残念である。 関連:【本】 新しい「幼年期の終わり」 transcriptionと「幼年期の終わり」とバッハ 「借りた時間を生きる」とは?
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。