ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  「どこまでを〜どこからが〜」を英語でどういうか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「どこまでを〜どこからが〜」を英語でどういうか

初歩的な単語が使われているためか、辞書やイディオム集には載っていないものの、時おり見聞きするまとまった言い回しがある。前回取り上げたSFユーモア小説「火星人ゴーホーム」 Martians, Go Home にも、そんな例と思われる表現が出てくるので、引用しよう。
Science fiction was burgeoning -- but so was science itself, so much so that it was becoming increasingly difficult to judge, in science fiction, where the science ended and the fiction started.
ちなみにこの部分、翻訳(ハヤカワ文庫)では次のようになっている。
サイエンス・フィクションは芽を出したばかり―しかし科学そのものもまだ未成熟期にあったので、そのために一層、サイエンス・フィクションの分野では、ここで科学が終わって虚構が始まるという、その境界線を見きわめることが難しくなってきた。
平たく言えば、「どこまでが科学で、どこからが虚構なのか、その見極めが難しくなってきた」ということであろう。 この where と end と start (あるいは begin) という組み合わせは、定まったイディオムとして扱われているものではないだろうが、時にお目にかかるものだ。そしてこれを使えば、日本語の「どこまでが○○で、どこからが××か」という言い回しを、「まで」や「から」にとらわれることなく表現できそうである。 where X ends and Y starts [begins] を使った実例をさらに掲げよう。物理的なものについても使える。
- It is sometimes difficult to know where the fiction ends and the truth begins.

- In this book, it is hard to tell where the fiction ends and where reality begins.

- It is not clear where the sea ends and where the sky starts.
この where と end と start の組み合わせについては、さらに余談のようなものを後日書いてみたい。 参考:日本語→英語の表現集
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。