ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  混同しがち?な「戦艦」と「軍艦」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混同しがち?な「戦艦」と「軍艦」

このところ軍事関係の単語について触れているが、英文記事を読んでいるとこうした語彙が自然と増えてくるのは、各地で紛争が絶えないからだと悲しむべきか。今回は、実際に見聞きしたこの分野の誤解や誤訳について書いてみたい。まずは湾岸戦争だったか、アメリカ軍の艦艇を同時通訳が「戦艦」と呼んでいたのを聞いた記憶がある。
「軍艦」 warship は総称で、その中に、大型砲を搭載した重装備の「戦艦」 battleship、あるいは「航空母艦(空母)」 aircraft carrier、また「巡洋艦」 cruiser など、いろいろな種類の艦がある。だから「軍艦」と「戦艦」は別物である。現代では「戦艦」に分類される大型艦を持っている国は世界にはないはずだ。 国語辞典の中にも「戦艦」を「戦争用の船。軍艦」としているものがあるが、不適切だと思う。以前、ある人にこうした話をしたら、「でも軍艦も戦艦も軍事用の船ということでは同じでしょ」と言われてしまった。トラックを自動車の総称にしてしまい、乗用車も「トラック」と呼ぶことに抵抗がないなら仕方がない。私は抵抗がある。 ちなみに、とてつもなく大きいことを表すときの「超弩級」の「弩」(ど)は、20世紀はじめのイギリスの戦艦「ドレッドノート」 HMS Dreadnought から頭の「ド」を取って当てたものだという。 次は英語ではないが、やはり戦争に関するニュースで見聞きした誤解である。装甲車 armored vehicle が走っている映像が流れ、これをキャスターだったかリポーターだったか、「戦車」と表現していた。 外が装甲で覆われ、銃砲が突き出していれば戦車と思うのかもしれないが、「戦車」は戦闘用車両の総称ではなく、キャタピラ(無限軌道)のついたものを指すはずだ。英語は tank で、a heavy armoured fighting vehicle carrying guns and moving on a continuous articulated metal track という説明が辞書にある。 なお日本語では、馬車でひく古代の戦闘車両も「戦車」ということがあるが、英語ではこれを表すのに chariot という単語がある。語源は car や cart と共通するものがあるらしい。ちなみに「軍艦」にも、man-of-war (an armed sailing ship) という古風な単語がある。 余談だが、私が chariot を覚えたのは、「謎の古代遺跡は宇宙人が造った」という説を唱えたフォン・デニケン Erich von Däniken の著書 "Chariots of the Gods?" によってだった。子供の頃、この手の説が一大ブームになったのをなつかしく思い起こす。 ついでだが、「護衛艦」の英訳として、私の手持ちの和英辞典は an escort vessel, a convoy ship だけを載せている。一般的な意味では間違いではないが、海上自衛隊の「護衛艦」には destroyer が使われている。つまり「駆逐艦」である。 自衛隊は軍隊ではないということで考え出された日本語の名称だろうか。自衛艦にはそれぞれの型にアルファベットがついているが、護衛艦は D が共通しており、destroyer を表している。 以上、英語を学ぶ過程で知った注意すべき軍事関係の単語をあげたが、間違いがあればご指摘いただければ幸いである。
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。