ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  責任は俺が取る!(The buck stops here.)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

責任は俺が取る!(The buck stops here.)

buckstopsherefrontsmall.jpg
このところ触れているミズーリ州は、大統領としてトルーマンを輩出している。在任中はきわめて不人気だったというが、後にぐんぐん評価が上がり、今では歴代大統領のランクで上位10人の常連になっている。英語学習の面からトルーマンを取り上げるとすれば、"The buck stops here." という表現になるだろう。彼はこの言葉が書かれたプレートを机に置いていた。
pass the buck to 「責任転嫁」の逆で、最終責任を負うのは自分しかいない、他の誰でもない、といったような意味だという。ネットでは、次のような説明が見つかる。
- Responsibility is not passed on beyond this point.

- I'm the ultimately responsible person in this organization. Other people can pass the buck to me, but I can't pass the buck to anyone else.

- "The buck stops here" is a phrase that was popularized by U.S. President Harry S. Truman. It refers to "passing the buck," i.e., handing responsibility to someone else, and the fact that the president has to make the decisions and accept the ultimate responsibility for those decisions.
ある英和辞典は「責任のがれはしない」と訳している。これはなるほどと思ったが、別の辞典では「引き受けた」「任せておけ」となっていて、英語の定義を読む限り、こちらはちょっと丸めすぎでは感じたが、どうだろうか。 さて、トルーマン大統領の机上プレートは、いろいろなサイトに写真が載っているが、それを見るとわかるように、この言葉の最後はピリオドではなく、びっくりマーク exclamation mark になっていた。 また、プレートの反対側(トルーマンが見ていた側)の写真も、たとえば下記の The Harry S. Truman Library and Museum と The Phrase Finder の記事で見ることができるが、そこには先日紹介した "I'm from Missouri." という言葉が書かれていたことがわかる。 http://www.trumanlibrary.org/buckstop.htm http://www.phrases.org.uk/meanings/the-buck-stops-here.html "The buck stops here." には思い出がある。今は昔の1984年のこと、その年に行われたアメリカ大統領選挙のテレビ討論を見た。その中で、民主党のモンデール候補(のちの駐日大使)がトルーマンの言葉としてこの表現を引用した。流れてきた同時通訳は「若者はとどまった」というものだった。英語のプロである通訳者も抜け落ちていた知識をたまたま持っていただけのことだが、いずれにせよ間違いに気づいて、鬼の首を取ったような気持ちになった。 が、その後、ふと気づいて buck を辞書で引いたら、そこにはちゃんと「若者」と書かれていた。そして私は、この単語にそういう意味があることを知らなかった。 "The buck stops here." を誤訳したとはいえ、さすが英語のプロだ、と一転感心した。 ということで、この表現を見ると、こうした少々の自慢と大いなる自戒が思い出されるのである。ちなみに「責任」と「若者」の buck は、今でこそ同じ綴りの単語だが、由来は異なるようだ。 参考:疑い深いミズーリの人びと (I'm from Missouri) 「ミズーリ」か「ミズーラ」か
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。