ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  「心臓が止まるほどドキリとする」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「心臓が止まるほどドキリとする」

(one's) heart skips a beat は、桑田佳祐の名(迷?)曲「スキップ・ビート」をきっかけに覚えたイディオムだが、インド系作家ジュンパ・ラヒリの短編「セクシー」の原文を読んでいたら、この表現が出てきた。

Though she knew it meant nothing her heart skipped a beat.
(Jhumpa Lahiri: Sexy)

「(驚き・恐怖などで)びっくりする、息をのむ」という意味である。skip は miss としても良い。心臓の鼓動がすっ飛んでしまうほど驚く、ということであろう。

ちなみに桑田佳祐の歌は、詳しい人はご存知だろうが、このイディオムとは何の関係もない。

関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。