ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  「送る」ではない dispatch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「送る」ではない dispatch

前回 snuff に「殺す」という意味があることに触れたが、関連して頭に浮かんだのが dispatch である。やはり kill を意味するが、ちょっと意外だと思う人もいるのではないだろうか。
私も dispatch を「〜を発送する」「〜を派遣する」などと覚えたので、この意味を知った時は、「あの世に送る」ということかと思ったが、この単語は「(仕事など)をさっさと片付ける」 deal with (a task or problem) quickly and efficiently; transact or dispose of (a matter) promptly or speedily ということでもあるので、「殺す」とも結びついたのだろうかと考え直した。 もっとも辞書を見ると、dispatch の kill としての意味には literary or old-fashioned という注がある(同じ意味の snuff は informal である)。会話で使ってみるものではなさそうだ。 ちなみに日本語でも、「片付ける」や「やっつける」は仕事にも人間にも使われるのが、ちょっと似ていておもしろい。 次は、オンラインの英英辞典にあった例文である。
- The spy was promptly dispatched.
- In the film's last five minutes, our handsome hero manages to dispatch another five villains.
また、オンラインの語源辞書を見ると、
1517, "to send off in a hurry," from Sp. despacher "expedite, hasten," probably opposite of O.Prov. empachar "impede," either from Gallo-Romance *impactare, frequentative of L. pingere "dash against," or ult. from L. pedica "shackle" (see impeach).
とある。足かせや邪魔するものから離れるというイメージを持てばいいのだろうか。綴りだけでは関係がわからない impeach とつながりがあるというのもおもしろい。
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。