ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  アルファベットの頻度 (etaoin shrdlu)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファベットの頻度 (etaoin shrdlu)

1年前の内容を見返したら「わら人形」について書いていたが、ここから頭に浮かんだのが、コナン・ドイルのホームズもの短編「踊る人形」である(単純な連想で、直接の関係はまったくない)。ネタばれになるので詳しくは書かないが、この中に暗号解読にからんで「アルファベット各文字が使われる頻度」についての話が出てくる。面白いテーマなので、ちょっと調べてみた。
まず、この "The Adventure of the Dancing Men" であるが、シャーロック・ホームズの言葉を借りると、 As you are aware, E is the most common letter in the English alphabet (中略) The order of the English letters after E is by no means well marked (中略) Speaking roughly, T, A, O, I, N, S, H, R, D, and L are the numerical order in which letters occur アルファベット全文字を網羅したものではないが、もう一度書くとこうなる。 etaoinshrdl この短編を収めた "The Return of Sherlock Holmes" の Oxford University Press 版を私は持っているが、そこにはこんな注がある。 The Encyclopaedia Britannica ("Cryptography") gives the frequency as E, T, A, O, I, N, R, S, H, D, L. つまり、 etaoinrshdl また「詳注版ホームズ全集」(ちくま文庫)では、この作品について原注者が他の3つの調査結果を引用している。最後のものは電報文なので、ちょっと特殊かもしれない。 etoanirshdlcwumfygpbvkxqjz etaoinsrhldcumfwgypbvkxjqz eoanirstdlhucmpyfgwbvkxjqz ドイル以前にこのテーマを題材にしたのが、エドガー・アラン・ポーの「黄金虫」 The Gold-Bug である。今度はこの作品から引用してみよう。 Now, in English, the letter which most frequently occurs is e. Afterwards, the succession runs thus: a o i d h n r s t u y c f g l m w b k p q x z. E predominates so remarkably, that an individual sentence of any length is rarely seen, in which it is not the prevailing character. これも全文字ではないが、整理すると、 eaoidhnrstuycfglmwbkpqxz さらにネットでは、いろいろな調査結果が見つかって面白い。文学作品等についてあげているサイトから引用する。 etaoinhsrdlmuwycfgpbvkxjqz (David Copperfield) etaoinhsrdlumcywfgbpvkzjxq (Pride and Prejudice) etaonihsrdlumcyfwgpbvkxjqz (Wuthering Heights) etaonhsirdlumcwfgypbvkjqxz (Vanity Fair) etoainshrdlmucfwygpbvkxjqz (Gulliver's Travels) etaoihnsrdluwgcymfpbkvqxjz (Alice in Wonderland) etaoinsrhldcumfpgwybvkxjqz (British National Corpus) etaoinsrhldcumfpgwybvkxjqz (Brown corpus) ( http://www.bckelk.ukfsn.org/words/etaoin.html ) コーパスを使った最後の2つは奇しくも一致している。 さらに、今回初めて知ったのは、etaoin shrdlu という単語があることだ。私の持っている電子辞書の英和辞典にちゃんと載っている。「混乱」「誤り」などの意味があり、辞書の説明には書かれていなかったが、この「アルファベットの頻度」と関係あることは明白だ。次のサイトには詳しいことが書かれているが、この単語に触発された小説もかなりあることがわかり、なんとも面白い。 http://en.wikipedia.org/wiki/ETAOIN_SHRDLU 今回のテーマについて、手っ取り早く参考になりそうなサイトをあげておこう。 http://en.wikipedia.org/wiki/Letter_frequencies http://www.askoxford.com/asktheexperts/faq/aboutwords/frequency?view=uk http://deafandblind.com/word_frequency.htm#word-frequency 「詳注版ホームズ全集」は残念ながら絶版になってしまったようだ。前述のように、短編「踊る人形」は、「ホームズの生還」(出版社によっては「ホームズの帰還」)に収められている。原題の The Dancing Men を「人間」ではなく「人形」と訳したのはうまいと思うが、「にんぎょう」ではなく、以前取り上げた effigy の訳語にもあった「ひとがた」と読むのが正しいのだろうか。
シャーロック・ホームズの生還 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

シャーロック・ホームズの生還 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

  • 作者: アーサー・コナン・ドイル
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2006/10/12
  • メディア: 文庫
The Return of Sherlock Holmes (The Oxford Sherlock Holmes)

The Return of Sherlock Holmes (The Oxford Sherlock Holmes)

  • 作者: Arthur Conan, Sir Doyle
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr (T)
  • 発売日: 1995/02/02
  • メディア: ペーパーバック
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。