ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  Chinese fire drill って何だ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chinese fire drill って何だ?

前回に続いて、最近読んだ小説 "Gravity" で見つけた表現について書く。スペースシャトルの打ち上げに向けた次の場面に出てくるものだが、この「中国式火災訓練」とはいったい何のことだろうか。
The atmosphere in the FCR (= Flight Control Room) appeared icy calm, as were the voices on the comm loop. It was the image NASA strove to maintain, of professionals doing their job and doing it well. What the public seldom saw were the crises in the back controller rooms, the near-disasters, the Chinese fire drills when things went wrong and confusion reigned.
人目につくところでの沈着冷静さとはうらはらに、裏舞台ではてんやわんやの大騒ぎということだが、辞書を引くとまさに、そうした状態を指す言い回しとわかった。
(Informal: Sometimes offensive) a state of chaotic, often clamorous disorder [Origin: ‡ 1960-65]
この他に、自動車にまつわる悪ふざけを指すという。
- (offensive) a prank performed while stopped in a car at a red-light; each passenger (including the driver) shouts "Chinese fire drill", exits the vehicle, runs at least once around it, then re-enters, taking a different seat.

- a prank in which the passengers of a motor vehicle that is stopped at a stoplight, get out and run around the vehicle before returning to their seats
次のような語義と注もあった。
- (offensive) a silly, pointless exercise

- Usage notes
Although this term has seemed to have lost all traces of an insulting meaning, it is possible some might be offended.
Wikipedia には、どうしてこんな表現が生まれたのかについての説が載っている。興味のある方は参照していただければと思う。 http://en.wikipedia.org/wiki/Chinese_fire_drill この記事から引用したいのは、由来よりも、むしろ次の記述である(原文を適宜改行した)。偏見は、言語表現にも影響を与えるということであろうか。
The term is traditionally explained as coming from a British tendency around the time of World War I to use the adjective Chinese as a slur, implying "confused, disorganized, or inferior."

Other "Chinese" slurs of the day included "Chinese national anthem" (an explosion) and "Chinese puzzle" (one with no solution).

In this context it is related to the stereotype of the Chinese as being "inscrutable", hard to judge, and difficult to understand, all relating to the British experience of a sophisticated but distinctly alien culture. There are earlier isolated examples which were based on ideas of the inferiority of the Chinese.
また、The Word Detective というサイトにも、この表現についての説明があった。 http://www.word-detective.com/back-x.html#chinese
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。