ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  a thousand and one (数にちなむ表現)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

a thousand and one (数にちなむ表現)

先日読み終わったペーパーバック "Gravity" で知った表現をひとつ取り上げたい。Griggs と Diana という宇宙飛行士が知り合ったあとのなりゆきを描いた部分で、こんな言い回しが出てきた。
By the eighth week, Griggs was showing up at her house. Just for a drink at first, two professionals reviewing their upcoming missions. Then the mission talk had given way to conversations of a more personal nature. Griggs's unhappy marriage. The thousand and one interests he and Diana had in common. It all led, of course, to the inevitable.
辞書を引いてみると、手持ち、およびネット上の英英辞典には記載がなかったが、英和辞典には、a thousand and one として、
- 非常にたくさんの、山ほどの (a hundred and one)
- 無数の
という訳がついていた。"Gravity" の文は定冠詞だが、文脈からはこの意味があてはまるように感じる。 この表現を見て連想したのは、「アラビアン・ナイト」こと「千夜一夜物語」である。このタイトルは "One Thousand and One Nights" や "A Thousand and One Nights" のほか、"The Thousand and One Nights" とされることがあるのは、ネットでみてもわかる。こうしたこともあって、不定冠詞ではなく定冠詞が使われることがある、あるいは作者がそう使った(そう使うと思い込んだ)ということなのだろうか。詳しい方がいらしたらご教示いただきたい。 この文章にはほかにも面白い表現がある。give way to はいくつかの意味があるが、「〜に道を譲る」ということから、「〜へと変わっていく」「〜に取って代わられる」といった感じにとらえればいいのだろう。 あと、やはり inevitable がいい。定冠詞がついた名詞では「必然的な事態」という意味になると辞書にあるが、ここではなにせ男女のなりゆきについての話である。つまりは「そういう関係」になってしまった、できてしまった、ということであろう。 参考:【本】 Gravity (Tess Gerritsen)
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。