ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  語彙力なら達人に勝てる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語彙力なら達人に勝てる

先日に続いて、語彙力についてもう少し書いてみたい。なぜかあまり指摘されないように私は感じているのだが、学習者が自分より総体的に英語ができる人に勝てる可能性が一番大きい分野は語彙ではないだろうか。「あの人の知らない単語・表現を知っている」と思うのは、ささやかでケチな優越感かもしれない。しかしそれが学習の励みになりうるのが、聖人ならぬ普通の人間というものだ。 自分より「英語ができる」というのは、英語の検定試験で級やスコアが上の人、英語の達人と映る人、また帰国子女、はてはネイティブスピーカーだって構わない。この程度の英語力しかない私でもこんなことを言えるのは、自分自身そうした体験を何回かしているからだ。
「何を偉そうに」と思われるのも困るので逆の場合を書くと、もし私がアメリカでひとり自炊生活を送ることになったらひと苦労することだろう。生活に密着した事物に関するもろもろの語彙、あるいはスラングに弱いことを自覚しているからである。 話を面白くしようと「達人にも勝てる」と表現してみたが、つまりいいたいのは、基礎的な語彙はおさえていることを前提としたうえだが、総体的な英語力のレベルに差はあっても、語彙力については人によって得意な分野・不得意な分野があっておかしくないはずだ、ということである(もちろん、通訳者など、中には穴のない分野はないという凄い人もいるはずだが、少数派といっていいだろう)。一般の学習者はもちろん、英語を専門の仕事にしている人にもあてはまることではないだろうか。 ひとつ意地悪を書けば、前回取りあげた AERA English の「人気講師たちにきく単語とのつきあい方」というアンケートでは、回答者に「最近知った単語」についても書いてもらっているのだが、この中で、サスペンス系のドラマが好きなら知っている人が多いのではと思われる、ある単語をあげておられる方がいた。 いずれにせよ、達人から見れば可笑しいだけかもしれないが、普通の学習者は、「ささやかな優越感」を味わうことを励みのひとつにして学習を進めるのは悪いことではないだろう(逆を考えると、英語検定試験で級やスコアが下の学習者の中にも、あなたの知らない単語や表現を知っている人がいるということになる。慢心はいけない)。 そして、どこでどんなきっかけで何を覚えるのかわからないのが単語・表現であり、楽しさもそこにある。語彙を増やす上で潔癖症になる必要はなく、いろいろな機会や方法を通じて努力すべきものだと思う。
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。