ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »    »   「陰の季節」(横山秀夫)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「陰の季節」(横山秀夫)

短編「陰の季節」は、私が初めて読んだ横山秀夫の小説だ。ひと昔前、海外の出張先に持っていった雑誌に掲載されていた。何気なしに読み始めたが、すぐに引き込まれた。犯罪ものではあるが、その設定が何とも意表をついたものだったからだ。

ここに出てくるのは、大都会に蠢く犯罪者を追うカッコいい刑事ではない。かといって、登場人物の個性や独特の趣味などを活写して特色を持たせた作品でもない。舞台は、D県を管轄する県警察。主人公は刑事ではなく、人事を担当する警務課の管理職。彼の指が扱うのは、拳銃ならぬパソコンのキーである。

警察は、現場で活動する制服警察官や刑事だけで構成されているわけではない。ひとつの大きな組織であり、その管理運営には多大なエネルギーが必要だ。それを担う人たちがおり、表には出ないが、組織の実権を握っている場合がある。

そうした警察組織の実情を描きつつ、そこに徐々に、未解決の古い事件が絡まっていく。トリックや意外性で読ませるミステリではないのに、いい意味で、読み始めた時の予想を裏切られた作品だった。

この短編の後に書かれた、同じ「D県警もの」の数編をあわせてまとめられたのがこの本である。どれも異なる裏方たちを描いており、独特の味わいを楽しんだ。

ミステリは海外の作品を中心に、若い頃にそれなりに読んだが、こうした設定で書かれたものは記憶にない。アイザック・アシモフの「黒後家蜘蛛」シリーズのような素人探偵ものは別として、警察を正面から扱いながら、犯罪捜査と直接関係ない部署の人物を主人公にした面白い作品があったら読んでみたいので、ご存知の方は教えていただければうれしい。

このシリーズのあと、作者が書いた長編「半落ち」は大きな評判となった。私も面白いとは思ったものの、それほどの傑作とまでいえるか、ちょっと疑問だった。最近では社会派小説の「クライマーズ・ハイ」がよかったが、他の作品を積極的に読んでみようというところまではいかなかった。

以前、表題作を読んでいながら、この文庫本を手に取ったのはなぜか初めてで、正直いうと暇つぶしのためだったが、個人的には上記の長編よりも楽しめた。それは、短編という読みやすさのほか、やはり警察の管理部門を描いているという設定によるところが大きい。

そして私がそう感じるのは、ずっとサラリーマンを続けていて、「理想やスジ論だけでは組織はやっていけない」という、逃れられない悲しい現実を味わってきているからだろう。ということで、この作品を皆が面白いと思うかどうか保証の限りではないが、中断状態となっているこのシリーズ、私としてはぜひ作者に書き続けて欲しいと思う。


陰の季節 (文春文庫)陰の季節 (文春文庫)
(2001/10)
横山 秀夫

商品詳細を見る




関連記事
コメント
トラックバック
 最近、横山秀夫の警察小説をよく読んでいる。今日紹介する「陰の季節」(横山秀夫:文芸春秋社)も、D県警を舞台とする4編の小説を収録した短編集である。しかし通常の警察小説とはちょっと違っている。 そもそも、警察小説と言えば、刑事の活躍を描いたものが中心で...
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。