ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  「ギガバイト」のお次は?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ギガバイト」のお次は?

前回取り上げた zillion からの流れで、莫大な数について書くことにしよう。子供の時、学習雑誌で「数の単位の一覧」という内容の記事を見た。「京」までは聞いたことがあったが、さらに上の単位は初めてだった。「恒河沙」「那由他」といった摩訶不思議な響きの単位があり、最も大きいものは「無量大数」であると知った。
後年、英語の学習を始めると、十億の単位が billion、1兆を越すと trillion ということは学んだが、それまでだった。ある時、ふと思い立って調べると、当然のように、もっと大きい数を表す言葉があった。 もちろん記憶しているわけではないので、改めて調べてみた。
trillion, quadrillion, quintillion, sextillion, septillion, octillion, nonillion, decillion, undecillion, duodecillion, tredecillion, quattuordecillion, quindecillion, sexdecillion, ...
まだまだ先があるがこれくらいにする。 ややこしいのは、million を越すと同じ単語でもイギリス(ヨーロッパ)とアメリカで意味が違うことだ。数学が苦手な私でも、イギリス式では1のあとに0が6個つくのが million で、12個つくのが billion であることから、まさに後者は bi- ということだとわかる。アメリカでは million より0が3つ、つまりカンマで区切って表記される3桁分だけ大きいものが billion となっている。 同様に trillion はイギリス式では0が18個で、6個の million から見てまさに tri- であるが、アメリカでは0が billion からカンマひと区切り分、million から見るとふた区切り分(つまり0を6つ)増やすわけで、結局イギリスの billion と同じになるわけである。イギリスの trillion はアメリカ式では quintillion (100京)ということになる。 余談だが、太陽に一番近い恒星「アルファ・ケンタウリ」はおよそ4.3光年離れている。これはおよそ40兆キロメートルに相当する。つまりキロで考える限り、単位は兆で収まるわけだ。英語・日本語とも、聞いたこともないような単語の値がいかに莫大なものか、多少は想像つくように思った。といってももとより実感できるわけではないが。 一方、下には下がある。「分」「厘」という言葉は、子供のころ圧倒的な人気があった野球で覚えたようなものだが、「沙」「塵」「埃」「模糊」「清浄」などというものがある。英語では billionth, trillionth, quadrillionth というように、-th をつけていけばいいようだ。 また、先ほど「キロ」メートルについて書いたように、ギリシャ語やラテン語に由来する呼び方もある。 kilo- あるいはそれより下の centi-, milli- あるいは deci- は子供の頃からおなじみだったが、社会人になってパソコンをやるようになると、「キロバイト」に加えて「メガバイト」に触れるようになった。mega- は、かつては「メガトン級」といった言葉を聞いたことがあるくらいだったが、一挙に日常的に使う言葉になった。 かつては半ば冗談で「次はギガバイトだね」などと言っていたが、ほどなくしてそれが当然になり、「キロバイト」はほとんど死語になってしまった。ITの進展は早い。 余談が過ぎたが、大きい方を見てみよう。「テラ」 などはすでにおなじみという方もいるかもしれないが、さらに上がある。
giga-, tera-, peta-, exa-, zetta-, yotta-
下のほうを見ると、「ミリ」「マイクロ」は言うに及ばず、「ナノ」もよく聞く言葉になっているといえるだろうか。
milli-, micro-, nano-, pico-, femto-, atto-, zepto-, yocto-
いずれにせよ、今回取り上げたような莫大な(あるいは極小の)数字は一般人の実生活にはほとんど無縁であろう。日本語・英語両方が載っていて、かつ多少とも想像がつくような説明をつけたものに、Wikipedia 日本語版の「数量の比較 (無次元数)」がある。 英語では、 Wikipedia に "Names for large numbers," "Names for small numbers" という項目があるが、一覧として便利なものに、 http://www.uni-bonn.de/~manfear/numbers_names.php があった。 ところで私の場合、英語の数字を耳で聞いてとっさに理解する、あるいは日本語の数字を英語で表現するのは、込み入ったり数が大きくなったりするともうお手上げで、大切な場合は、実際に文字にして確かめるしかない。こうしたことをとっさにできる人は、いい意味で人間ばなれしていると映る。
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。