ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  文化・トリビア  »  「緋色の研究」(あるいは「習作」)のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「緋色の研究」(あるいは「習作」)のこと

前回、「エチュード」(練習曲)というCDを取り上げたが、フランス語に由来する etude と同じ意味を持つのが study だ。この単語は、美術の「習作」をも意味する。これで連想するのが、シャーロック・ホームズが初めて登場したコナン・ドイルの小説 "A Study in Scarlet" である。

この作品は、日本ではずっと「緋色の研究」として知られてきたが、原題の study は「習作」の意味で使われているという意見がある。「緋色の習作」というタイトルの訳も10年ほど前に出た。

作品の中で、殺人事件の現場を見たホームズが、最初に現場に行ってみようと主張した友人のワトソンに感謝する言葉に、この題が出てくる。

I must thank you for it all. I might not have gone but for you, and so have missed the finest study I ever came across: a study in scarlet, eh? Why shouldn't we use a little art jargon.

ホームズ自身、"art jargon" と言っているから、「習作」という美術用語と考えるべきだ、というわけだ。ただ、直前の the finest study は、「緋色の習作」の訳者も「研究対象」と訳しているし、他の所に出てくる "That's the result of all our Study in Scarlet." という言葉は「研究の成果」と訳した方が自然と思われる。こうしたことから、「習作」を作品全体のタイトルとする必要はない、という反論がある。

タイトルが意味するのは「研究」か「習作」か、をめぐっては、ネイティブスピーカーの間でも意見が分かれているということだ。study に両方の意味をかけたという見方もできるだろう。原作者は80年近く前に故人となっていて、確かめようがない。

断定ができないのだったら、言葉から受ける感じ、また慣用という点からも、邦題としては「緋色の研究」の方がいいと個人的には思っているが、今後どうなっていくのだろうか。

ちなみに、「緋色の探究」とした翻訳もかつてあったらしい。こちらの方がより幅広く意味を取れそうなので、邦題として定着していたら、あまり論議になることはなかったかもしれない。

さて、ドイルが著した長短編あわせて60作のホームズ物語は、現代に至るまで盛んに書かれているパロディやパスティーシュと区別するため、"canon" (正典)と呼ばれている。その原典すべてを1冊に収めた Wordsworth 社版全集は、電話帳のように分厚く字も小さいが、初出雑誌の連載を復刻再掲したもので、当時の挿絵もついていて楽しめる。私はロンドン・ベーカー街の「ホームズ博物館」でこのハードカバー版を買った。今はペーパーバックになっている。

ただ、"A Study in Scarlet" は「ホームズ物語」の雑誌連載が決まる前に単独に書かれた第1作なので、この Wordsworth 版もオリジナル復刻ではないが、2部に分かれているこの作品のうち、冒頭の "Part 1" というタイトル表記が抜けてしまっている(Part 2 の表記はある)。

たいしたミスではないようだが、この Part 1 には、"Being a reprint from the reminiscences of John H. Watson MD, late of the Army Medical Department" (「元陸軍軍医、医学博士ジョン・H・ワトソンの回想録の一部を再録したものである」ちくま文庫訳)というサブタイトルがついていて、Wordsworth 版ではこれも抜けてしまっているので残念である。これは一連の「ホームズ物語」の最初を飾るまとまった文言だからだ。

ここにある late of... は、名詞の後に置かれて、「最近まで〜に所属・在住していた」という意味になるという。late というと、すぐに頭に浮かぶのは「遅れて」や「物故した」の方なので、一瞬とまどう。

またかつてのイギリスでは、実際には博士号を取得していないのに、この MD (Doctor of Medicine) という肩書きが使われることがしばしばあったという。ワトソンもそうだったという「研究」があることから、先の「緋色の習作」の訳者は、これを「医学士」と訳している。

小説中の人物についてこうした研究や論争を大真面目で行うところが、熱心な愛好家の凄いところだ。ちなみにホームズの熱心なファンを指すのに、Holmesian とか Sherlockian という単語もある。


Sherlock Holmes: The Complete Stories With Illustrations from the Strand Magazine (Special Editions)Sherlock Holmes: The Complete Stories With Illustrations from the Strand Magazine (Special Editions)
(2001/09)
Arthur Conan, Sir Doyle

商品詳細を見る



関連記事
コメント
トラックバック
シャーロック・ホームズ シリーズ第一作の“A Study in Scarlet”は、新潮文庫の延原謙 訳では「緋色の研究」という題名になっています。解説のあとの延原展 氏による「改版にあたって」には、“Study”は美術専門用語「習作」と訳すのが正しいと判明したけれども…と
(1)の続き で、『緋色の研究』(“A Study in Scarlet”)のStudyは音楽の習作(エチュード)ではないか?という話。色がついているから最初は絵画だと思ったと書きましたが、音楽にも色があるみたいですよ。音色という言葉もありますし、音楽から色彩を感じたり、
(2)の続き で、『緋色の研究』(“A Study in Scarlet”)のStudyは音楽の習作、もっと言うならハ短調のエチュード(“a study in C minor”)あたりではないか?と思った話。英語のtonalityという単語は、音楽の調性や色調を意味します。日本語で考える私たちより
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。