ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  未分類  »  農水相の自殺は「慙愧に堪えない」?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農水相の自殺は「慙愧に堪えない」?

松岡農水相が自殺した。現職閣僚が自ら命を絶つのは戦後初めてということで、やはり驚いた。カネをめぐる疑惑が指摘されていただけに、動機については憶測を呼ぶことと思うが、それはそれとして、ニュースを見ていて気になったのは、安倍総理が記者団に話した、「慙愧に堪えない」というコメントである。 聞いていて、何となくしっくりこないように思った。「慙愧に堪えない」は、こういう場合に使うのであったか。 手持ちの電子辞書にある、2つの国語辞典で「慙愧」を引いてみた。
- 自分の見苦しさや過ちを反省して、心に深く恥じること。
- 自分の行為を反省して、心から恥ずかしく思うこと。
彼を閣僚に任命した自分の決定を反省している、ということだろうか。そうは考えにくいと思う。農水相にしなければよかった、そうしなければ自殺などしなかったはず、ということではないだろうし、ましてや疑惑を持たれるような人物を任命したことを恥じている、と考えているわけでもあるまい。 英文記事も検索してみたが、安倍総理が言った「大変残念だ。慙愧に堪えない思いだ」にあたると思われる訳は、
''It was regrettable. I cannot help being really embarrassed." (共同通信)
となっていた。安倍総理がいいたかったのは、やはりこういった意味だろうし、逆にいえば、「慙愧」ということばを使ったのは不適切というべきではないだろうか。「美しい日本」や「教育改革」を唱えている総理本人はカタカナ語がお好きなようで、「まず自分自身を振り返ってはいかがか」と言いたくなるが、今回のコメントで、さらにそうした感を深めてしまった。 ついでだが、安倍総理の発言を確かめるためにネットで日本のメディアの記事を検索したら、「ざんき」と表記されていた。「慙愧」は、常用漢字ではないので、表記には使えないということなのだろう。仕方がないのかもしれないが、「ざんきに堪えず」という見出しを見ていて、個人的にはどうも間が抜けたものに感じてしまった。
関連記事
コメント
トラックバック
慙愧に堪えない プロフィール検索 動画検索 画像検索
松岡農相の「自殺」について、安倍首相の談話があり、正確には「大変残念です。慙愧に
「慙愧に堪えない。」がネット上で話題になっています。
子守男さんが、安倍首相の「慙愧に堪えない」というコメントは不適切という記事を書いていらっしゃる。たしかに、この首相はときどきおかしなことばを使うと思う。年金記録漏れの件で、安倍さんは「国民の不安は必ず解消
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。