ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  和英  »  「定額制」「従量制」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「定額制」「従量制」

少し前のパソコン雑誌を読み返していたら、アメリカでは通信の使い放題が崩壊して定額制から従量制の課金に移行する動きが出ているという記事が目にとまった。

この「定額制」や「従量制」課金は、英語で何といえばいいのだろうか。気になったので電子辞書を開いてみた。

定額制
a flat-sum system, a fixed sum system, flat-rate, fixed charge
data communications service for a flat rate
unlimited-use fixed-rate [flat-rate] plans for the company's cell phone services

従量制
a connection-time fee(時間に応じた), a traffic [usage] fee(通信料に応じた), measured rate

次に、雑誌の内容を頼りにネットを検索して、関連の英文記事を探してみた。

PC World 誌の記事は、タイトル・最初の文ともにわかりやすい。

Verizon to Kill Unlimited Data Plans in July

If you want an unlimited smartphone data plan, you're running out of options.Starting in July, Verizon Wireless will discontinue its unlimited data plans for new subscribers, All Things Digital reports.

このように、「定額制」を unlimited data plan、つまり「使い放題」と表している。

一方、「従量制」だが、同じ PC World の記事に

Verizon's switch to tiered data will leave Sprint as the only major U.S. wireless carrier to offer unlimited data.

という記述がある。また PCMag.com というサイトには

Verizon's New Tiered Data Plans: What You Need to Know

というタイトルの記事があり、最初の文にも

Verizon this week confirmed that new, tiered data plan pricing will go into effect on Thursday, July 7.

とあるように、tiered data plan と表現している。tiered は「階段状の」という意味だと辞書にある。

このように、ひとつの決まった言葉に限らず、いろいろと言い換えて表現できるのが英語の特徴だ。言葉が違っても、定冠詞があれば何を指しているのかわかるという点も大きいだろう。

インターネットが普及する前には「パソコン通信」を楽しんでいたが、始めたころ通信料金は従量制の課金だった。料金を気にしながら通信をする、そんな時代に戻るのだろうか。

関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。