ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  「刑事コロンボ」の思い出と port

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「刑事コロンボ」の思い出と port

先日取り上げた port からさらに連想を続ける。「刑事コロンボ」は、私が十代はじめだったころ人気があったアメリカのTVドラマだ。この中に、「別れのワイン」という邦題のエピソードがあり、出色の出来だった。そして私にとって、英語の表現をもじってタイトルにすることがあることを知り、英語の面白さに気づかされたという意味でも、思い出の深い作品である。

テレビで初めてこの作品をみて数年、英語を学んでいた私は、ろくに読めないのにペーパーバックに手を出すようになっていた。買ったのはほとんどが映画やテレビドラマのノベライゼーションだった。家庭用ビデオがまだなかった、また発売されても高価すぎて一般に普及していなかった時代、TV番組の小説化は今より盛んだったと思う。

ある日、書店の洋書コーナーで「コロンボ」のペーパーバックのひとつを見つけてぱらぱら眺めたら、あの「別れのワイン」を小説化したものだとわかったので喜んで買い求め、何日もかけてわかるところを眺め、多少とも読んだつもりになった。「別れのワイン」は、傑作が多いこのシリーズの中でも、ベスト1に推すファンも多いのではないかと思われる作品だ。

ペーパーバックの表紙に書かれていた「別れのワイン」の原題は "Any Old Port in a Storm" だった。

辞書を引くと、any port in a storm という表現があり、「嵐の時はどんな港でもないよりまし」「窮余の策」などと説明されている。しばらくして、そうか、物語の中で重要な意味を持つ(ポート)ワインとこのイディオムの2つをかけたタイトルなのだろう、と気づいた。たぶん間違いではないと今も思っている。

port
- any of a class of very sweet wines, mostly dark-red, originally from Portugal.
- "sweet dark-red wine," 1691, shortened from Oporto, city in northwest Portugal from which the wine was originally shipped, from O Porto "the port."

any port in a storm
- (proverb) in difficult circumstances one welcomes any source of relief or escape.
- any source of help or refuge is welcome in desperate circumstances
- In an emergency, we will accept help from any source and in any place, even from an unpleasant person.
- phrase any port in a storm first recorded 1749.

なお1932年に "Any Old Port" という短編映画がアメリカで作られているという情報がネットにあった。何か関係があるのかはわからないが。

刑事コロンボ傑作選(別れのワイン/野望の果て) [DVD]刑事コロンボ傑作選(別れのワイン/野望の果て) [DVD]
(2011/11/02)
コロンボ :ピーター・フォーク

商品詳細を見る


関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。