ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  on the double

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

on the double

前回取り上げたマイナスイメージを持つ double にからむ表現ではないが、おまけとして on the double をあげておこう。私がこれを知ったのは、首を傾げるような翻訳によってだった。それで新しい表現を知ったのだからプラスになったというべきだろうか、というのは我ながら意地の悪い態度である。
ある小説を読んでいたら、登場人物が部下に命令をしたあと「ダブルで」と付け加える場面があった。いったいこれは何だ?と思った。私の知る限り、日本語で「ダブルで」というのはウィスキーを注文する時くらいではないだろうか。 そこで英和辞典で double を引いて見つけたのが、この表現である。ここでは英英辞典の定義と例文を書き写しておこう。イギリス英語では at the double になるようだ。 - without delay; rapidly; immediately The fire engines came on the double. - at running speed; very fast He disappeared on [at] the double. この小説、原文にあたったわけではないが、まずこの表現に間違いあるまい。つまり部下に対して「急いでやれ」「すぐに取りかかれ」と求めたというわけだ。 どうやらまともに辞書も引かずに訳したらしい翻訳者も、また日本語ではあまり聞かないような訳を通してしまう編集者も困ったものだが、冒頭に書いたように、それで英語の表現をひとつ覚えたのだから、あまりカッカせずに大目に見ようと思った。
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。