ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  「わたしは『ある』という者である」 (I am who I am, the Great I Am)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「わたしは『ある』という者である」 (I am who I am, the Great I Am)

前回紹介した Newsweek 誌のカバー特集 "Father Knows Best" の記事の中に、旧約聖書にちなんだ興味に深い表現があった。 特集の記事のひとつ "Can Bush Sr. and His Team Save Son’s Presidency?" に、現大統領の父親であるブッシュ前大統領について、こんな記述がある。
He is not given to boasting about or bragging on his family; he still hears his mother's voice warning him to avoid "the Great I Am." ( http://www.newsweek.com/id/44581 ) しばしばすべて大文字で記される I am は、旧約聖書の「出エジプト記」 Exodus で、神の名前を尋ねたモーゼに対して神が答えた言葉に由来するようだ。出エジプト記を見ると、モーゼの問いに対して、 God said to Moses, "I am who I am." (King James Version では "And God said unto Moses, I AM THAT I AM.") とある。ここから、the Great I Am とすると、この「全能の唯一の神」を意味するほか、「偉ぶった人」、俺様は凄いんだ、といった態度を取る人のことも指すという。今回の Newsweek も、そういった意味で使っているのだろう。 ところで旧約聖書・ユダヤ教の神は、ふつう英語では Yahweh や Jehovah、日本語では「ヤハウェ 」「エホバ」 などというが、これは "I am who I am" の元のヘブライ語を英語のアルファベットで表した "YHWH" に由来するそうだ。 私もイスラエルやアラブ圏の国を訪れたときに知って驚いたのだが、ヘブライ語とアラビア語は、基本的に母音は文字として表記しない。そして「神の名をみだりに唱えてはいけない」と「十戒」に定められていることもあり、YHWH の母音をどのように発音したかわからなくなってしまい、呼称にいくつか異なった流儀が生まれたという。 関係のない余談だが、漫画の「ポパイ」の決まり文句が "I yam what I yam." であった。 さて Newsweek の記事に戻ると、"the Great I Am" のすぐ後に、こんな記述がある。 If so, then the incumbent may recall the Song of Moses: "Remember the days of old, consider the years of many generations; ask thy father, and he will show thee; thy elders, and they will tell thee." Ask thy father, and he will show thee: advice that, at long last, George W. Bush seems to be taking. 引用符の部分について、「モーゼの歌」を頼りにネットで調べてみたら、「申命記」 Deuteronomy に出てくるものだとわかった。 Newsweek の筆者は、現職のブッシュ大統領に対する父親の助太刀について述べるにあたって、息子の信心深さにからめて、旧約聖書を引っぱってきてまで筆を進めているわけである。 ニュース雑誌のこうした技法は、キリスト教徒ではない極東の一読者には、理解して味わうにはなかなか手ごわい。とはいえ、こうした背景知識が増えていくのは、別に何か得になるわけではないが、それだけで快い刺激になる。
関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。